RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】全部あっていいんですよ
人は平気で嘘をつく生きものです。
他人に対しても、そして、気づいてはいないけど、自分に対してもです。


「嘘ついてます」
という自覚がある時ってそれはそれでいいんです。
自覚してますからね。


他人に対しても、自分に対してもですけれども、「嘘ついてます」を自覚せずに嘘ついてる時、実はそんなことのが多いけど、自覚がないから厄介です。


何かに反発する
何かに反応する
何かを人のせいにする
何かにひどく動揺する
と、まーいくらでもあるんだけど何かが起こって、それに対して感情が動く時ってのは、自分の中に何か「偽り」が形成されてたり、何か「無視」してことを進めなくてはいけなかったり、そんなことを自分に課してる時かもしれません。


それってね、自分に「嘘」ついてることじゃない?
無自覚に。


「〇〇しなければならない」
「こういう時は、こうするはずでしょ?」
「常識的に言って、ありえない」
「そういうことで、満足するなんて、嫌悪感を覚える」


こういう類の「ねばならない」「常識で」「ありえない」って誰が決めてると思います?


全部自分ですよ。


ある事実から頭で考えて、「捏造」するの。
たまにはあってることもあるけど、何かを言ってるのが他人だったら、残念ながら真実は100%わからないから、そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
相手が言ったことの一文だけをみて、あれこれ考えずに、その時にどう思ったのか、どう感じたのかを味わってみる。


その時に感じた感情
例えば、「泣きたいくらい悲しい」なのに、「男の子は泣いてはダメだ」と育ってきたから「泣いてはダメだ」と決まっている。

うーん、決めたのは誰?
社会的に?そう習ってきたから?常識として?


そうですか、じゃーそれを受け入れたのは誰?


そう誰あろう自分なのよ。


どんな法律もどんな人も人の心まで縛ることはできないからね。


というのはヴィクトールフランクルはじめとした著名な心理学者も言ってますやね。



傍目からみたらどんなに酷いことになっていたとしても、笑って生きてる人たちがいる理由は、自分の中でそれを受け入れるのか受け入れないのか?自分で決めているからなのかもね。



それでね、常識だということを受け入れて、本当は悲しいのに、悲しくないというか、その感情に蓋をして、自分に嘘をついてるのは誰か?


これも自分。


なんてことだ、自分は自分に嘘ついてるのか?そんなことあるのか?
納得できないぞ。


そーでしょうそーでしょう。


だってそんな感情存在するはずがないもん。
そーですか?どーですか?


蓋をしてるだけで、あなたの中にそれはあるんじゃないですか?


いろんな意味で認めてこなかっただけで、本当はあるんじゃないですか?


ぜーんぶ自分の中にあって、ぜーんぶん自分で選べるのに、全てはないもののように振舞って、そんな感情は存在しないかのように生きていく。



それは、自分に対する大きな嘘だよね〜〜。



どうしよう、あーしよう、こうしようの前に
今、私は感じているのか。
それはどうしてそう思うのか(大抵の場合はそういう感情もあなたの中に存在するからというのが答えな気がする)
そして、それを受け入れるのか否か?

それは全部、私たち自身が持ってること。
それから目をそらしたり、嘘ついたりしない。



そういうことを自覚したら、自然と自分自身に「ありがとう」を言える日がやってくるんじゃないかなぁ。



そんなことをジンワリと最近考えてます。


全部あっていいんだよ。


ステキな自分も、感じ悪い自分も、誰かに嫉妬してる自分も、誰かから感謝されて嬉しい自分も、全部あって、全部に「ありがとう」そんなことかなぁと。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 06:34
comments(0), -, - -
【徒然】変化に対応する者
変化に対応する者が勝つというのは世の常ですね。


それを実感するようなことはいくらでもある。生きていればね。


軽やかに、息を吸って吐くかのように変化に対応できる人もいるし、そうでない人もいる。


私はきっと、そうでない方だと思うけど、それでも変わらないわけではなく、また、現状に固執したいわけでもない。


その歩みは決して早くなかったとしても、変化に食らいつこうとすることの先に変わっていく何かがあるのだと思う。


簡単ではないけど、簡単ではないからこそ、やりがいもあるのよ。


そう言い聞かせる日々。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:08
comments(0), -, - -
【徒然】お手紙のすすめ
台湾とはいえ、外国におりますゆえ、いろいろと日本から送ってもらったりすることもあるんです。


その一つに、お友達からいただくハガキとか年賀状とかお手紙があるんですけど、これ、ものすごく嬉しいのね〜


海外に渡る時に「来年からは年賀状は出しません」と一部には宣言してきたんですけど、出すことにすればよかったわよねとか思う。
まっ、とはいえ、来年も出しませんけどね年賀状は。


それでね、お手紙に話を戻します。


現代はすごく便利なツールが多いのよ。
SNSだ、メッセンジャーだ、電話で話すよりも簡単だし、大抵の場合、相手とのやりとりが楽しめるわけ。


これってすごいことだよ。


今、今は、外国にいながらにしてIP電話とかでほぼタダで通話できたりもする。


この技術確信たるや、ものすごいんだよ。
だけどね、ここで、あえての手紙ですよ。


私は、日頃、自分にとっての外国語で仕事をしてるわけなのね。


それは英語だったり、中国語だったりなんでもいいけど、少なくとも日本語ではないわけ。


ありがたいことに、そういうことで、仕事はできてるんだよね。


それは、ある意味、相手と私が共通の場所に立って、奇跡のような確率で、行われているような気もする。
ものすごく少ない語彙で無理やり、やりとりしてるので、相手がわかってくれることがむしろありがたい。


その話はまた、別ですることにしますね。


そういうことで、仕事はできるけど、やっぱり母語で何かできる場所ってすごいんだよ。


SNSとかでやりとりするということなら、中国語とか英語でも出来るから、そこはもしかすると日本語にこだわらなくてもいいのかも知れない。


もちろん手紙だってそうなんだけど、なんというかな、相手を思って書く3枚は自分のもてる言葉のたけを全部使って表現するでしょ。それをそのままではないかも知らないけど、概ね受け取ることができる。


書いちゃうと普通だけど、やっぱり、ここにいると尊いんだよ。


意思疎通できたとしても、そこは簡単な表現での言い換えの嵐で、とてもとても自分の言いたいことをそのまま表現してるんじゃないんだよ。


最低限できるということと、豊かな表現で語れるということはほんと違うと思う。


そういうことって、多分日本にいたら感じないと思うけどね〜。
母国語というのはとても尊くて、自分が伝えたいと思ったことを伝えたいように言葉を選んで伝えられる。
大事なことなので二回言いました(笑)


それが必ずしも相手に伝わるかってのはまた別の話なんだけどね。


でも、自分の思う形でなかったとしても、それは伝わると思うし。
なかなか相手を思って三枚書くってのも楽ではないのよね。


だから、そういうお手紙をもらうとすごく嬉しいし、自分も相手を思って書きたくなるものなのよね。


それは手紙の形でなくて、たった一言だけのハガキだとしても、嬉しいし、それはやっぱりメッセンジャーとかにはカワラナイナというか、カワラレナイなって思う。


こんな時代だからこそ、相手を思ったお手紙!書いてみませんか?
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 21:00
comments(0), -, - -
【徒然】今年やりたいことを100個書き出す!
今日は2018年の1月3日ですね。
台湾は安定の旧正月運用のため、いわゆる通常カレンダーでのお正月は1月1日のみお休みで、あとは1月2日より安定の仕事始めです。


それは特に問題なくて、初日から、なんだかんだで、とりあえずお仕事をこなして帰ってきたというわけ。


それとは別に、お正月と言いますと、今年やりたいことを100個書くぜ!
ってのをここ数年やってるわけですが、多分去年は、先に書いたような事情から会社に出社してたがためにおそらく忘れたんだなっ。。。


ということに気がつきました。


いや、やったかもしれないけど、どこに書いた?


いや、やったなぁ。。。


去年はじぶん手帳使ってたから、そこのLIFE分冊のほうか。。。


記憶が薄まっておりますが、、、


ということで、思い立って昨日、書いてみました。


一年が進むうちにやりたいことが増えるかも!とか言い訳をしながら80個弱しか書かなかった年もあったけど、まぁ、増えるんだけど、増えるっていうか、そもそも、これはどっちでも良いなってのも出てきたりするんだけど、そういう更新はしなくても良いなってことで、今年は100個きっちり書きました。


書くとわかりますけど、100個ってなかなか書けないのよ。


30個くらいまではサクサク書けそうだけど、それも今年に至ってはそんなこともなくて、10数個書いたら手が止まって、「こっから80個以上書くんですか?」とうなだれる結果に。。。


まー、そうなんだけど、なんとか絞り出しました。


「これ、毎年書いてるよなぁ〜」
ってのもあるし
数年前は絶対に書いてない項目もある。


そういう項目を見ながら、人生ってこうやって進んでいくのね。
しみじみ。。。


みたいになったりして。


本来ですと、去年の振り返りをした方が良いんだけど、いかんせん書いたのかどうか定かでないので、なんというかな?まずそれを漁ってみるところから?


え?


みたいな感じになってるのです。


さー、今年はいくつできるかなぁ〜


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 06:20
comments(0), -, - -
【徒然】年末年始なはずなんだけど
世の中は年末年始というやつで、今日が仕事納めだったよ!って方も少なくないはず。


少なくともこれを読んでくださる日本の方や日本に在住して、日本語で仕事してらっしゃる方はとにかくこういう方が多いかなと。


さて、私はどこいるかというと、台湾でして。


この年末年始、日本には戻りません。
ついでに春節も戻りません。

ということで、どっぷりお仕事で、明日まで会社行って、一月一日は流石にお休みで、二日からまた会社、、、と。


なんだかハッピーマンデーというか、たった三日の休みだもので、年末年始感は残念ながらゼロ。


それでも去年まではちゃんと日本における年末年始を意識してたのに、、、今年はその意識すら遠のいております。


なんかめちゃめちゃ不思議なんですけど、「年末年始でお忙しいところ、申し訳ないです。」みたいなことを見かけてはじめて、「あー、日本、年末年始だ。ありゃーみたいな。」


環境が変わると、こんなことになるのか。。。


もちろん時計が狂わない人もいるんだと思うけど、私はそういうのが簡単に書き換わるタイプなのね。



たった3年、されど3年ですよ。


そういうもんかなぁと思うと、日頃、「できない!」って思い込んでるいろいろなことも、実は視点を変えたらできたりしてね。


ちょっと不思議な体験というのはきっとチャンスなんだよね。


自分が変わっていくチャンス、そういうのは、どんどん捉えていかないとね〜〜。


人生はそんなに長くないけど、人の感覚が変わるのにも高々3年くらいしかかからない。


だから、まだまだいろんなことができるなぁと改めて思ったのでした。


年末感は薄くなってますが、粛々と進めていきましょう!
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 20:02
comments(0), -, - -
【徒然】「ちぇ」って思うこと
日頃、どこまで行っても、上手くならない気がする中国語に「ちぇっ」って思いを抱えています。


できるできないの感覚は、自分の中のもので、もはや人にどう言われるなどは関係ないのです。


中国語を習ってなくても、操ってる先輩方はいるし。


中国語はできないんだと言いながらも、ガンガン友達を作って飲みに行ってる人もいる。


そんなのをみたり聞いたりするたびに「自分に足りないもの」を探してしまう。


そう、その足りないものってやつ。


それは、性格だから語学云々ではないんだよ。


何語でなくても、どこにでも入り込めるその性格


すぐに仲間を作って楽しそうにしているその人間力


羨ましがってもしょうがないのね。


ある日、スポーツがものすごくできるようになったり、ある日いきなり、旅好きになって、そこらへんにいる人といきなりハグする人間には、なれないし、ならないのよ。


スポーツができない自分にイライラする、人見知りな自分に嫌気がさすけど、それが「私」だからそれでいいじゃない。


それに比べたら、語学なんて、大したことないし。


その人たちにできることとは違うことでできることがあるんだと思うし、そっちに注力!


それはそれで大切にすればいいんだよ。


さて、ちっとも上手くならない中国語に「ちぇ」って思ってるけど。


まっ、コミュニケーションの仕方に難があれ、性格に難があれ、ま、来年の今頃には完全にペラペラだから、まーみててよ。


そうなってるっていうか、そうでないはずがないからね。


なんでもできるほど器用ではないけど、確実にできるようになってますから!

このブログ来年思い返す頃には、一段高い場所にいるのよ!
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 19:48
comments(0), -, - -
【徒然】そりゃそれでいい
二元論
あってるか?間違っているか?
そんなことはどっちでもいい。


だけどどうしても、そこにこだわってしまう。


それにこだわった分だけ、余計に不愉快な思いをする。


つくづくめんどくさいなぁと思う。


そういうこだわりから始まった日は、多分、なにかを得られるんじゃないかと、思うことにしよう。




とはいえ、、、、




ちっ、やってられるかぁ!!!!




と、言わずにはおられない日もあるのよ。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 06:45
comments(0), -, - -
【徒然】思い続けること
ここのところちょっと考えていることがある。
自分にリミットをかけるものは「自分自身」ではないかということ。


わたしの中には、できないと思ってるいろいろなことがある。


そのできないと思ってること。。。
本当にできないんだろうか。


心理学だと「認知の歪み」
みたいな言葉で表されるんだろうけど、まぁ、小さいものから大きなものまで、とにかくいっぱいある。


それに加えて、自分のできることは「過小評価」


これではできるもんも大抵はできないものに早変わりだ。


まぁ、それで、そういう癖とはもう長いこと付き合ってきたので、よく分かってる。


だから、「なにかができない」と感じる時、いつも「そんなことない」とか、「よくやってるって思ってもらえてる」とかそんなことを思おうとして、思えずに苦しむんだな。


それの繰り返し。


うまくは言えないけど、その「歪んでるのを直そうとしている思考」も一つの原因ではないかと考え始めている。


いや、「できないと感じる」それはそれでいいんじゃないか?
「認知の歪み」だとか言いながら、苦しむ必要ないんじゃないか。



そう思ったら、それはそれで置いといて、一旦放って置いて、爽やかに日々を暮らせばええんでねーかな?


頭で考えてることってのは、所詮、頭で考えてることで、結局その「思考」ってやつがいいことをしてくれたり、ましてやその通りになったり、あんまりなかったよなぁ。


「あの子はすぐにできるのに、私はできない」
「あの人は軽やかに暮らして見えるのに、わたしはいつも重苦しい空気の中」
「こんなに頑張ってるのに、認められる気がしない。」
「どれだけやればいいのか?」


どれもなんか、おどろおどろしい感じで、こんなこと考えてても前に進まなさそうだ。


それをまた思考で蓋をする。
「それは認知の歪みであって、そもそも人は自由なものだ。」
「承認欲求は自分で満たせばいいのだ。」


まぁ、よくよくうまくいくはずないな。


それよりももっと重要なことごあるんじゃないか?


いまちょうどAL講座ってのに参加してるけど、
「自分はどう感じるか」
そんなことが、考えたりするよりずっとずっと大切なんじゃないだろうか。


そんなわけで、考えに考えを重ねる行為は一旦、おやすみ。


日々、今、楽しい!心地よいと思うことを十分に味わうことにフォーカスしよう。


って思ってて、思い続けようってなことなんなんだな。


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 07:17
comments(0), -, - -
【徒然】毎日綴る日々
そのむかし、ブログを毎日書いていた頃は、それこそ追われるように毎日なにかのネタを探してた。


今はそんなことしてないから、その分、実はちゃんと時間を使えてないんじゃないかと思ってしまったりする。


日々はいろいろあるわけでひとところにとどまってはいないのに、書くことがないってのも変な話なのかも。


日記のようなものなんだけど、そこはちょっとだけよそ行きにアレンジしている。
そこがブログの魅力でもあり、なにを書いてもいいはずの日記が書けない理由でもある。


面白いことないかなぁ
ってずっと思ってきたけど、面白いことって、実は自分で掴みに行かないとダメなんだよね。


そんなことを改めて思うのでした。

author:ぷぅコッコ, category:徒然, 18:11
comments(0), -, - -
【徒然】お節介なおばちゃんのススメ
お節介なおばちゃん
は世の中に存在する。


何を隠そう、私のことだ。


このお節介というヤツ。
あまりいい意味で使われることは無いように思う。


こちらもそんな意識で使ってる気がするので、対して気にもしていない。


どういうわけなのかわからないけど、なんだか「ツラそう」にしている人を放っておけないのね。


かといって、ボランティアに励んでるわけでもなく、博愛主義でも無い。


要は私の半径5mくらいに存在する人に幸せになってほしいと思ってるだけ。


だから、SNSなんかで交流する時も精一杯のコメントを!なんてことを思う。


こういうのが、マスコミさんのターゲットになるうざい大人に直結か?と思うけど、それらがうざいと思うなら、このお節介おばちゃんをお相手が避ければいいことであって、言われるほど気にしないのね〜〜。


その辺が、おばちゃんたる所以だ。


おばちゃんになるって、こういうことかも知れないと、ふと、思ったりする。


それはある時、話を聞く、ただひたすらに聞くだけかもしれないし、一緒に考えたりすることかもしれない。


考えるにあたっては、自身の経験だけでなく、これまで読み漁った膨大なビジネス書が役に立つ。


1000冊分の感想ブログには至っていないが、おおよそ500冊分くらいはあるかと思うブログか物語ってくれてる気が、ほんのちょっとだけする。


数を書くと、やや気持ち悪いが、そんな感じ。


人助けしたいとか、何かできるとか思ってるんじゃなくて、その日一日だけでも、「その人が幸せな気分で過ごせますように」と願ってるだけなんだな。


だから、お節介なおばちゃん。
今日もきっと、お節介なおばちゃんだと思う。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 05:45
comments(0), -, - -