RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】変わらないなんてありえないんだ
今朝、FBをパラパラ見ていたらこんな記事がありました。
今の自分を変えるためには「お説教くさい質問攻め」から身を守れ!


コンサルタントの横山さんの記事なんですけど、内容は、まぁ、リンクを読んでください。
面白いから。


その中にこんな一節が出てきます。
問題なのは、明日や明後日、来週、来月の自分が、「今の自分」と同じままか、もしくは不健全に変わっていることです。

この話のキモでもあるわけですけど、一気に変わるのを目指すのではなく、「健全に変わることを目指しましょう。」ということです。


まぁ、いきなりスーパーマンになったり、マスクをつけたらバットマンになったりすることはないわけで、非常にわかりやすいですね。


この「変わる」ということ。
上記の一節を見ながら、「今の自分」と同じままか、もしくは不健全に変わっていること。


この「今の自分」と同じ。
これって、何もしなければありえないですよね。


ってことに、読みながら気がついたんだよね。


経済学の話ではないですが、今年の100万円は、来年の100万円と価値が同じか?というと、そんなことないわけです。

例えば何か値上げされて、今年なら100万円で100個買えたものが、来年になったら99個しか買えないとしたら、その100万円の価値は「下がっちゃってる」わけです。

だって、キープしてたって、今年得られたはずの価値は得られないわけですから。

それって、100万円自体は変わってないけど、変わっちゃってるよね?



別の例を挙げて見ましょうか?
サッカー選手の三浦知良さん、キングカズですよ。
ここでは親しみを込めてカズと呼ばせていただきましょう。


彼は今年、50歳をすぎてサッカー選手で、先日は最年長で得点したという記録を更新したそうです。


さて、20年前、30歳の時も彼はサッカー選手でした。

彼は、20年変わらず、サッカー選手でいる。これは「変わっていない」ということか?
こんなの、誰だってわかるけど、違いますよね。
30歳のサッカー選手と50歳のサッカー選手、その価値は全く違う。
カラダの衰えを最小限にし、パフォーマンスを最大に引き出すというのは相当なる努力があると、誰でも理解できるんです。


そう、「今の自分」というのは、何もしなければ、維持できないんですよ。

それは、経済を見た時の周りの変化による価値の下落なのか、はたまた、自分自身の能力(体力、気力)そんなものの衰えか?

どれをとっても「今」に踏みとどまることはできないわけです。
今がどんなに幸せでもね。
その幸せの価値は、何もしなければ下がってしまうというわけね。


だから、それをネガティブと見るかは置いといて、何をしても、何をしなくても、「変わらずにいる」ことはできないのよね。


んで、どうせ変わるなら、少しでも「良く」変わりましょうということ。


別に今と違う人になりたいわけじゃないって人もいると思うんだよね。
それはそれで、いいし、実はそういう人は口には出さずとも、特に意識せずとも、自分の「衰え」を感じて、常にそれを最小にするために変化してるんだよ。

さらに今の自分と違うものになりたいなら、ほんの少しでもいいから、毎日、別のことに取り組まないとダメよね。


今を生きて、来年の自分がどうなっているかがわからなくても、それは来年や、その先にずっと続いてて、変化していく。


自分だけが変わらないなんて、あり得ないのよね。


どうせ変わるなら、今の素敵がもっともっと素敵になるように変わってもいいし、続けたものの先に今、手にしているものとは全く別のものを手に入れてもいい。


「なりたいものがなにか?」
答えられなかったとしても、変化しなきゃね〜。


うーん、、、人生って、実は緩やかな下りエスカレーターみたいなもんなんだよなぁ。。。
動く歩道だったらよかったんだけど、ちょっと自分に負荷をかけないと、ダメなんだよなぁ〜。


こういうことを考える時期なのかしら。。。


なんか昨日からシリーズみたいになってるけど、なんじゃろなぁ〜


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 06:44
comments(0), -, - -
【徒然】なりたいものになれますか?
おっ、題名が大きく出ましたね。
「なりたいものになれますか」


果して、私のなりたかった者はなんだろうか?


小学校の卒業アルバムで、「将来なりたいもの」というのがあったけれど、私が書いたのは「パン屋」だった。


別になりたいものだったわけじゃなくて、パン屋ぐらいしか書くものがなかったんだなぁ。


その後、パン屋にはならなかったけど、パンは焼けるようになったのよね。


だけど、今はそのパンも食べられない、と。


そんなことはどうでもいいけど、小学校の時に天命を受けたようになりたいものが決まる人たちが羨ましかった。


勉強したというほど勉強したわけでもなく、なんでもなんとなくギリギリで駆け抜けて、気がついたら、海外でエンジニアする、マイノリティだったりする。


最初から目指してたのか?


いいえ、ってか、楽しそうな方になんとなく吸い寄せられたら、こうなっただけなんです。


世間で言われる
「ガラスの天井」も
「ハラスメント」も
有ったと、自分が認めたら、あったんだろうな。
でも、それで困ったことはないし、いやっ、困ったことはある。
育休を終えて、復帰したら、それまで経験したことのない仕事になって、そりゃーそりゃー苦労したな。

でも、それを踏まえて今がある。

それを乗り越えて掴んだものがある。

だとしたら、苦しくて大変だったなんて、語るまでもないよね〜。
ってか、そんな体験もなければ、なりたいものもなく、努力も大してしてない人がどうにもならないよね〜。


と思ったりする。


なりたいものはない!


でも、いつでも、こうなったらいいなぁ〜はあるんだよね。


仕事だって、もっと上手くできたらいいなぁ〜と思う。

それは今でいえば、仕事につながる人間関係もあるから、そういうのが上手く回ればいいなぁ〜と思う。

そのためには、もっと語学ができたらいいよねぇ〜って思う。

そういうことの積み重ねが、人生で、そういうことがあることがちょっと幸せなんだろうなぁ〜って思う。


それが私のなりたいものだし、そのなりたいものは、私には見えないんだよね〜。


でも、それでいいじゃない?


世界中のみんながなりたいものに、なれるわけじゃない。

でも、みんなが幸せでいることはできるんだよなぁって最近強く思うなぁ〜。


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 17:42
comments(0), -, - -
【徒然】頭でっかちですね〜
さほど脳みそが回転するわけではないと、自分では信じているんだけど(これがそもそも問題であって、その話はまた後日)
自分は「頭でっかち」だと思う。

知識先行で、踏み出せない。
いやいや、その割には後先考えずに行動してますけど、それは自分自身で決められるいろいろについてはね。

そうでない場合は、必ず他人が介在するんだね。
ここでいう他人とは、家族ではないという意味じゃなくて、自分以外ってことね。


そうすると、
相手はどう思う?
人は賛成してくれるだろうか?
全体最適とは何か?
大部分は賛成だとして、マイノリティはどう扱うのか?
そもそも、これは受け入れてもらえることなんだろうか?

そんなことが頭を駆け巡り、行動に移せない。

まさに「頭でっかち」というわけ。

こういうことに、ずっとずっと悩まされてきた気がしてる。

いろんな本を読むたびに良い方法はないものかと考える。

そこを変えることはできないだろうか?とね。


そんな頭でっかちな私なんだけれども、歳をとるにつれて、薄らいでいってるような気もする。


なんとなく、いろいろ考えると行動にはなかなか移せない頭でっかちだけど、いろいろ難しいことは考えずに、
「自分が、こうしたら楽しいだろうな」と思うことを選択する。
それに尽きるかもしれないと、行動している気がする。


決断というとすごいことのようだけれど、それは実は大したことじゃなくて、「多分、こっちのが楽しそうだ。」「自分に必要ならできるだろう。」くらいの心構えでいると、考えちゃうけど、考えは捨て置ける気がしてる。


まだまだたまーに、「頭でっかち」でもそのくらいが実はちょうどいいかも、とも思っているのでした。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:07
comments(0), -, - -
【徒然】感謝の気持ちあふれる
私は何者か?
私はちゃんと生きているのか?
そもそも生きるってなんだろう。。。

そんなこと、いつも思ってるわけじゃないけど、たまーに思う。


本を読むことは「インプット」で、
ブログを書くことは「アウトプット」


私にはスケジュール帳と別に「ライフログノート」があって、そこに書くことも「アウトプット」


ブログは誰かに知られるもので、ライフログノートに書かれたものは、お知らせしない限り誰かが知ることもない。

それでもアウトプット。



じゃー、本以外のインプットは?


私にとっての最大のインプットは「人に会うこと」だと思うんだな。


昔の会社にいる頃、「自分は何者か?」を知りたくて、先輩や友人に、訪ねたことがあります。

「ぷぅコッコさんの
聴く
話す
書く
読む
の能力を5段階で評価してください。」


私のブログを知る人は、書く能力に5をつけてくれたり、
話すという能力に5をつけてくれた方もいらっしゃいました。

その中で、その当時最も近しかった先輩は
「聴く」
に5をつけてくれたんです。


「え?なんでそう思うんですか?」
と聞いたら、
「だってさ、なんでもとりあえず聞けばいいと思ってるでしょ?聞いた方が早いって」
あーーーー、思ってる!
だって知ってる人に聞いたら早いじゃん。
聞けばわかるじゃん!
ってか、技術書読むより、トレーニングしてもらった方がはるかに理解早いじゃん。

でもこれは、みんなじゃなくて、私の特徴なんだよね。

人によっては、技術書で一人で学ぶのが上手い人もいる。
そういう人にとっては、私は「異星人」だったんじゃないかと思う。


話すとか、書くの評価をもらうより、
この「聴く」を評価してもらったこと、改めてを思い出す。


この「聴く」という「インプット」

どなたかいないと、やりづらいのよ。
まーオーディオブックみたいなものもあるんだけど、そういうことじゃなくて、「実際に誰かに会って話を聴く」というのが、ものすごく有効であるというわけ。

私にとってはね。

そうやって、「会いたい人」に会いに行ったり、「会いたいと言ってくださる方に会いにいく」
そして、その時間がとってもらえる。

それってすごいことだな。


SNSで繋がっていたり、写真を拝見したことがあるってだけの方だったり、もう一度、いや、もう何度もお会いしたいと思う方だったりに、声をかけたり、逆に、かけられたり、皆さんの人生の時間のピースを少しだけ私に分けてもらう。


そうやって実際にお会いすると、
その姿に
その声に
そのオーラに
その笑顔に
その悩みに
その喜びに
触れることができて、私の知らなかった数々のインプットが増えるのねぇ。


それは、私が思いもしないことだったり、とっても嬉しいことだったり、集まってくださった方の空気感ごと私に取り込むことだったり、何気なく言ってくださった素敵な言葉だったり、その言葉に大事な気づきをもらったことを、相手に改めて伝えられることだったり

とてもとても印象的で、キラキラとした素敵なインプット、それも強烈なインプット。


時間を取って、会ってくださった皆さんが、
仕事だったり、学歴だったり、立場だったり、そういうことは関係なく、損得でもなく、
できることなら私に関わる方が、「いつも幸せでありますように」と
願うかのように
相手から私にも、「あなたが幸せでありますように」と、そんな感情を感じられるひと時を頂けること
なんて贅沢なことなんだろうと、改めてそしていつも思う。


台湾から日本に休暇で帰るとき
私はいつも少し多すぎるんじゃないかと思うくらいのお土産を抱えて、帰ってくるけど、いつも帰る頃には無くなってる、それってね、それだけ多くの方が私に会ってくれてるってことなんだよね。


なんて贅沢なんだろう。


時間が短いし、お仕事の都合がつかない方も当然いらっしゃるんだけど、そんな中、時間を取ってくださる方と、たまたま時間が合う方と、会える、なんて幸せなんだろう。


これね、ある種の「引き寄せの法則」みたいなもので、まさにサムシンググレートだと思うのよね。


そうやって、お会いした皆様
本当にありがとうございました。




うまく言えないんですけど、これは私の最高のインプットで、この出会いと、この時間が今後の私の豊かなアウトプットを支えてくれると思っています。


何度伝えても、伝わることではないかもしれないけど、本当に、本当にありがたい!


そしてそして、本当に本当にありがとうございます!


まだまだいっぱい会いたい人がいます!


突然、アポ取りに行くかもしれませんけど、その時は可能な範囲で、お時間いただけると嬉しいです。


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:27
comments(0), -, - -
【徒然】ご縁の話
誰にでもあるような誰にでもないような話


ご縁の話です。


私は、大人数の人と会うのが苦手です。
人見知りという言葉の定義ももはや微妙ですが、誰かと初めて会うのが苦手というより、初めて会う時の緊張感にその後とても疲れるんです。

美味しいものを食べていても、味がわからないとか、そんなこともあります。


それでも人に会うことをやめられないのは、「ご縁」なんだと思うのです。


ちなみに、一度会った後、次にお会いするときは、緊張もとけて、とても楽しく過ごせるものでございます。


海外の会社で働いているので、日本に戻れる時間は少ないんだけど、それでも会いたいって言ってくださる方がいるって、すごく幸せなことだなと思う。


とても面白いです。


でも、そんな感じにいっぱいの方が会いたいって言ってくださるって、あんまりいないんだよね。


そんなことに気がついて、また、幸せだなぁと思ってます。


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 10:59
comments(0), -, - -
【徒然】万年筆でこころのさけびって話
実は、FBにある非公開の万年筆グループで、「#万年筆でこころのさけび」ってハッシュタグや、「#万年筆のある日常」というハッシュタグで、本や、名言などを日々ノート(ライフログ)に書き連ねています。



それは、私の今日に必要な言葉だったり、私が今日感じたことだったり。



もちろん非公開なので、グループに入ってない人は読むことができないんだけど、ブログにも公開しようかなぁって思います。



わたしのブログを楽しみにしてくださってる方に、お願いしたいです。



わたし、今年の初めはうじうじ悩んでましたけど、なんかもっと、自分のブログ育てたいなって思ったんですよね。



それを形にできるように、頑張ります!!



ってなわけで、感想、コメント、メッセージ!ぜひぜひ教えてください!
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:06
comments(0), -, - -
【徒然】凡人であり、凡人でなし。英語なんて好きでもなし、嫌いでもなし。
英会話学校というのは、練習の場ですから、あくまでも基礎練習が大切です。

英語はツールですから、使えることに対して、好きも嫌いもないんです。


英作文は、お隣さんの真似っ子でいいじゃない?


一回聞いてわからない単語は、必ず辞書引くでしょ?
次に出てきた時もコミュニケーションするために。


日々の積み重ねが大切です。


毎日続けることが必要なんです。


単語は覚えて当たり前でしょ?


あーーーーーーー


日本にいる間、英語に悩んでいた。
真面目に勉強すれば、TOEIC、会社が必要とする点数、取れるはずでしょ?
必要とされる点数は730点

真面目に勉強すれば、きっと可能だろうとアメリカ帰りの上司が言ってた。

そう、対策すれば、、、 でも、そもそも対策ってなんだろう。
点数取らなきゃ、ダメなのか?
正直、その意味がわからない。
出世するために必要だった。
まー、そういう事情はもちろんあったけど、そんなの、私には重要じゃなかった。

勉強のための勉強みたいですごくイヤだった。
そんな風に勉強しても点数なんて上がらない。
当たり前だと思う。


TOEICをゲームか何かのように捉えて、おもしろがってできる人はいいと思う。でもさ、面白くなかった。


私には日本にいながら英語力を伸ばすことはできなかった。

その理由、今ならわかる。

生きる上で一ミリも必要なかった。


そもそも、日本人の前で英語を喋りたくなかった。。。



あーーーーー、、、、、
そんな過去がある。


「英語が苦手でも、TOEICで点が取れる」
ってなキャッチーな言葉を見るたびに憧れた。

ものすごく憧れた。

でも、今は思ってる。


苦手と、好きじゃないとか、関係ない。

これは、コミュニケーションするためのツールなんだよ。


台湾にいて、仕事をする。
ほんとは中国語のほうがいいんだろうけど、それはまだまだまだまだだから、会社では英語なの。


苦手だとか言ってられない。
いやっ、ネタとして言ってるけど、「ひどい風邪を引いたから、会社を休みます」って連絡ひとつするのに英語を使わなくちゃいけないの。


気取ってる暇も、恥ずかしがってる暇も、もはやない。


そして、そうやって、追い込まれないと、自分はやらないだろうなと思ってたけど、その通りだったなぁ。


珍しく自分のことがわかってるなって褒めてあげたい。自分を!


今だって、褒められた英語は喋ってないと思う。


でもそれでいいじゃん。


ここでは使わなくてはならないわけだから。


ここ数年ずっと思ってたことがある。
私はカリスマにはなれない。
普通の人
凡人なんだ。
でも、台湾にさくっと渡って仕事しちゃうとか、あんまり普通じゃなく聞こえる。

それでも私は凡人で、だけど凡人じゃない。


今は英語、好きでも嫌いでもない。
それこそ、中学校くらいの頃に、教科書で、「世界の人とコミュニケーションできるので、私は英語が好きです。」
みたいな結論には至らない。


でも、日本で某学園のことだけ報道される中、フランスの特派員が拾って、英語で流れてくる日本の閣議で決定されたことを読んで驚いたりする。


そこに気負いはない。


別に英語が好きなわけじゃないけど、気になる見出しだから読む。

ただそれだけ。


英語が好きですか?嫌いですか?って問いたて。。。
本当に好きじゃない。


だって、ツールだもん。

日本語のが100万倍好きだよ。

だって操れるもの。


好きじゃないけど、私の言いたいことを的確に伝えるために、必要だから、わかんない単語ノートに書いて、眺めるの。

次に出てきた時に、その彼の意図を汲むために!


次は私がその単語を話の中で自由に操れるように。


そういう環境を作らずに、英語を勉強するってのは、どういうことなんだろう。


私にはできないけど、他の人はできるのかも。


その意味だと、普通の人にもなれないのか。

変な感覚だなぁ。


そんなわけで、私はあしたも、英語で仕事をするらしい。






ちょっと、徒然にてしばらく思いの丈を書いてみようかなって思ってます。

やっぱり日本語書くのは楽しいからねぇ〜。

しみじみ、そう思う。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:36
comments(0), -, - -
【徒然】3月27日だけど27日じゃ無い時間
3月27日はさくらの日なんですって。


記念日リンク



本日、初めて知りました。
そして、今日は私の誕生日。



台湾はまだ27日だけど、日本はすでに28日。
このなんとも言えないハザマの時間がとてつもなく愛しいです。



今日は友人がこんな言葉をくれました。

「静かな中に気持ち沸き立つ楽しい出来事起きますよ」


気持ち沸き立つ楽しい出来事
は、きっと求めなくても降ってくる。
そんな気がしてます。



年度末、ちょっと来期の目標を考えようかなと、思いました。



ということで、今年も一年、ブログ読んでくださってありがとうございます。


また一年、少しでもお役に立てる記事を書けたら良いなと思います。



私のブログが皆様の気持ち沸き立つ楽しい出来事のきっかけとなりますように!


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:45
comments(0), -, - -
【徒然】成長とか成長しないこととか
きっと成長というのはいろんな毎日をこなすことで、ジリジリと伸びていくということと、それとは別にいきなり、強い刺激によってショックを受け、それを乗り越えることで、グッと伸びるってことがある。



それって、人生を進んで、生きている間中ずっと続くものなんだろうと思う。



日々はびっくりする事の連続だけど、その先にしか、答えはないのかもねぇ。



3月11日という日にとても感慨深いなぁと、しみじみ思うのでした。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 08:45
comments(0), -, - -
【徒然】ステージが変わると言う表現にひどく戸惑うが、実はそんなもん!って話
その昔、抜擢される人の人脈力 早回しで成長する人のセオリーという本を読んだ時のこと、その中に出てくる「ステージが変わる」という表現。


要するに自分が何かに向かって走ったら、今いる場所の居心地が悪くなって、また新しい自分を受け入れてくれる場所に居場所が変わるという感じかな?


付き合ってた友達なんかが変わりますよ〜って話ね。


それを本の中だったか、ご本人が実施されたセミナーだったかは忘れたけど、なんとなく「上下の関係」のように表現された気がして、ひどく戸惑ったのを覚えています。


必死にやっていくと、やがて私は何やらクラスが上になって、その時友達だった誰かはおいてきぼりになっちゃうのかな。


そんなのやだなぁ〜


一方で、やっぱり離れていく人もいるよね。
私は来る人も拒まないし、去る人も追わない。


そんなスタンスでいいかなぁ?自分からわざわざアプローチしなくても、自然に。。。


と思ってたけど、自分からやっぱり去らないとダメだってことも、ゼロではないんだよね。



たいていの場合は静かにフェードアウトだけどね。



なんとなく、そーいう訳にいかないこともある。


じゃーそれは、自分の「ステージ」ってのが「上がった」ことによって生じているか?というと、それはちょっと違うと思うんだよね。


アドラー心理学で言うところの同じ平面をみんな歩いているから、きっと上下はなくて、前後なんだよ。


ある時、歩幅が一緒かな?って思った人と、少しずつずれて、また薄い関係に戻るというか、自分の足で、自分のペースでお互い歩いていくだけのことですわね。これ。


その歩幅を無理やり合わせようとしたりすると、自分に無理が生じて、「イヤだなぁ」ってことになってしまう。


そんなことなのかなぁ。


いいかなぁ〜と思うものと歩幅を合わせてみる。


近づきたくて、近づきたくて、一生懸命歩いてみる。


そうするとそれが自分の歩幅になってくる。


そうすると、今度は今までの歩幅であっていた人たちと、だんだん歩幅が合わなくなる。


でも、それでいいんじゃないかなぁ〜。


それが本来言うところの
「ステージ」
ってやつなのかもしれないけど、
私はあえて、歩幅って表現したいかな。


また、同じ歩幅になるかもしれないし
同じ歩幅で歩いていても、接点がないか可能性は十分にある。


でも、人とが人生とかってそんなことじゃない?
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 06:37
comments(0), -, - -