RSS | ATOM | SEARCH
【万年筆とインク】顔料インクと古典インクの話2
顔料インクと古典インクの話
本日は「2」です。

「1」はこちらから
顔料インクと古典インク1

コメントいただきまして、古典インクについて言うと台湾や中国のインクでもあるみたいなんで、今度試してみよっかなぁ〜と思ってます。


さて、今日は顔料インクと古典インクの良い話をしようかな。
「こんなに素敵なんだから使わない手はないよねぇ〜」
ってはなし。
すぐにでも購入したくなっちゃうけど、そこはグッと我慢してね〜。


顔料インクと古典インクと言いますと、昨日もちょっと触れてますが、
書いてからしばらくして完全に乾くと
「水に流れない」
という特徴があります。


万年筆といいますと、現代は染料インクで書くことが多いと思いますがこれは、完全に乾いた後でも水に流れますから、長期保管文書なんかには向かないですわね。
現代は「長く残したい」というニーズに応える筆記具はたくさんあるわけで、何も万年筆じゃなくてもいい!?
なんて声も聞こえてきそうですが、いやいや、長期保管文書を「万年筆」で書きたいという方もいらっしゃるかと思います。

まぁ、少なくとも私はそのような希望を持ってます。

次に
「発色が良い」
という特徴も挙げられると思います。

顔料インクと古典インクではその特徴が違いますから、色味としては異なりますが、
あえて表現するなら
顔料インクは「はっきりと潔い」色味
古典インクは「深い味わいのある」色味
が楽しめます。


顔料インクと言うと「はっきりとした黒」が楽しめるのでも有名です。

プラチナの「カーボンブラック」にしても
セーラーの「極黒」にしてもそうですが
万年筆を使って「真っ黒」を体現できるのはこの二つをおいて他にはないです。

染料インク系の「黒」はどんなに頑張っても「薄墨」のような様相ですから、とにかく「ブラック」を使いたいという人には大きな味方です。

また、
プラチナ「ピグメントブルー」
セーラー「青墨」
はどちらの色味も大変人気で、この二つも「潔いはっきりとしたブルー」が特徴です。

兎にも角にも、「色味が素敵」

「マットでいてポップな色味感」は染料では出せないのもまた事実。
(特に、マットな感じは染料では無理)
メーカーさんがこぞって発売したがるのもわからなくはないです。



また、色味に加えて、
「裏抜けに強い」
という強みがあります。

万年筆好きさんになりますと、当然、インクにこだわり、そのあとは紙にこだわる人は多いです。


でもね、
「自分はいつも使ってる手帳で細かい字を書きたいんだ!」とか
「辞書の余白部にコメントしたいんだ」とか
「会社のコピー用紙にガシガシ書きたいんだ」
みたいな希望があった時、裏抜けを極力避けてくれるのがこの「顔料インク」というわけ。

もちろん万能ではないけれど、染料インク系に比べるとその能力の高さは折り紙付きと思うわけです。

いやー、今すぐにでも使いたいよね〜。



さて、もう一つの古典インクについても書こうかなぁ〜と思ったけど、それは次の記事で!


その3に続く

顔料インクと古典インクの話3

顔料インクと古典インクの話4 顔料インクの耳に痛い話

顔料インクと古典インクの話5 それでも顔料インクを使いたいなら

顔料インクと古典インクの話6 それでも古典インクが好きです


author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 05:58
comments(0), -, - -
【万年筆とインク】顔料インクと古典インクの話 1
顔料インクと古典インクってのはメリットがあるけど、扱いに気をつけてね!
というインクであるのは間違いないです。


特に、「ぷぅコッコの一期一会」にて万年筆を使ってみよう!
ってなことで、カクノを使ってくださってる皆さんにはちょっと気をつけて欲しいので、ちとブログ記事にしてみます。


さて、顔料インク?古典インクってなに?

って話なんですけど、通常、大量に売っているインク類は染料インクと言われるもので、いろいろのメーカーさんから出ていて、比較的扱いが楽です。
まー、ペンとインク類の相性の話ってのもあるんで、そこはまた別の機会に。

そんな素敵な染料インクなんですけど、耐水性には優れていません。

要するに水につけたら流れちゃうってことね。

そうすると、宛名書きに使いたいのに、雨の日配達になっちゃったら、宛先わかんなくなっちゃうジャーン!
ってなことも起こるわけです。


そこで、最近でているのが顔料インクってやつですね。


顔料インクは耐水性に大変富んでいるので、水につけても流れません!
おおっ、宛名書きにも使えるし素敵じゃないか!?
でもこの「水に溶けない」という性質が悪さすることもあるよって話。


顔料インクと染料インクの基本的な説明はインクジェットプリンターのインクと同じ性質ですから、こちらをチラ読みしてみてね。


同じく古典インクも耐水性に富んでいます。
顔料インクとは全く違う機構で耐水性を生み出すんですね。
古典インクは没食子インクとも呼ばれますけれども、耐水性を生み出す機構は化学反応によります。
ということで、詳しく知りたい方はwikipedia没食子インクページを参照してね。


こちらも最終的に空気に触れてると化学反応が起こり、水に溶けないという性質になるため、顔料インクと同じく悪さをする可能性があるということになります。


それで、ネット上にはいろんな記事があって、耐水性に富んでるなら使ってみたい!というカクノユーザーさんもいると思いますが、その取り扱いには注意して欲しいと私は考えています。


諸説ございますが、そこは私の経験から記事をすすめていくことにします。


さて、一回目の今日は代筆的な顔料インクと古典インクをリストにしてみるかな。


顔料インク
プラチナ カーボンブラック
プラチナ ピグメントブルー
プラチナ ブランセピア
プラチナ ローズレッド
セーラー 極黒
セーラー 青墨
セーラー ストーリアシリーズ(全8色)
モンブラン パーマネントブルー
モンブラン パーマネントブラック

これ以外にも顔料あるよ〜ってって場合はご一報くださいませ。



古典インク
ペリカン BB(BB:ブルーブラック)
プラチナ BB
ローラアンドクライナー サリックス
ローラアンドクライナー スカビオサ
DIAMINE レジストラーズインク BB

あたりが今販売されてて、比較的簡単に手に入る代表格ですかね?

他にも古典インクご存知の方は是非コメントください!
(試してみたい(^ー^)ノ)


これらのインク類
めちゃめちゃ発色がきれいです。
見た目だけだとすぐに購入したくなっちゃうけど、ちょっと待ってね(^ー^)ノ


ぷぅコッコの一期一会にて、何回かにわけて顔料と古典の話を書きますので、それをみんな読んでから、購入してね。


ということで、今日は購入リンクはつけません(^ー^)ノ


インクの特性を知って、楽しく使いましょう!

2につづく

顔料インクと古典インクの話2

顔料インクと古典インクの話3

顔料インクと古典インクの話4 顔料インクの耳に痛い話

顔料インクと古典インクの話5 それでも顔料インクを使いたいなら

顔料インクと古典インクの話6 それでも古典インクが好きです

author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 06:18
comments(1), -, - -
【インク】DIAMINE GREY
DIAMINEのGREYです!



変わらずシンプルなボトルですね〜


青にも赤にもよらないインクで、書きはじめ若干黒みが強いかと思いましたが落ち着いてくるとなんともよい色です。


細字万年で書いてみましたが、太字で濃淡も確認したいです!

author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 08:12
comments(0), -, - -
【インク】DIAMINE VERMILLIONとWATERMAN RED
先日、「DIAMINEのVERMILLION」をご紹介しましたが、「WATERMANのRED」と比較して「どう?」というお問い合わせありましたので、比較してみました。




これ、DIAMINE VERMILLION






こちら、WATERMAN RED
万年筆はペリカンM600の赤縞さんにご登場頂きました。
ニブはBで一応揃ってます。






2つを比較してみました。


WATERMANのREDに比べてVERMILLIONのほうが若干ですが黄みよりです。

その意味で、WATERMANのが正当な赤のかおりがするねぇ〜。

これ、意外と相性のいいインクだなぁ〜と思うので、両方並べて使ったりすると楽しいかもしれないです。


author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 08:23
comments(0), -, - -
【万年筆とインク】プラチナ#3776センチュリー シャトルブルー と DIAMINE 没食子 ブルーブラック
先日のことになりますけど、こちらのプラチナ#3776センチュリー シャトルブルーを購入しました!



実はこちらなんのために買ったかと言いますと、このインクをお試ししようということで、購入に至ったんですね!



DIAMINE 没食子 ブルーブラック

いわゆる古典インクですね。

実はぷぅコッコは古典インクにこだわってるんですね。
なぜかというと、ライフログノートにモレスキンを使うことが多いからなんですね。


なんでモレスキンだと古典インク!?


モレスキンというノートはですね、ロット差が大きいですけれども、まーとにかく裏抜け大王でして、ほとんどのインクを受け付けません。

ようするにほとんどのインクは裏抜けするってことですね。

例えばパイロットの色彩雫とセーラー系のインクを比べますと、パイロットの色彩雫は粘度が他社のインクに比べて若干緩いです。

ということは、「シャバシャバ」してるというか水っぽいというか、流れやすいというか。。。

インクの抜け性はなにもそれだけに限らないですが、色彩雫が抜けない紙は、おそらくセーラー系でも大丈夫じゃないかなぁーと予想をたてたりするんです。
(必ずしもそうとは限らないわけですけどね。)


そう考えてみると、モレスキンなんて、どんな生産ロットのものであっても色彩雫なんて受け付けません。

ほぼ確実に裏抜けします。

国産万年筆のEFでインクを絞りまくったら抜けないか!?どうか!?というレベルです。

ぷぅコッコは困ったことに、太字ヌラヌラ系が好きです。ようするに太くてインクがドバドバでる書き味を誇ってる万年筆が好物ということ。

その時点で、ノートのセレクトとしてはモレスキンを選ばない方がいい。。。
それは常識的にそうなんですけど、、、

「だってどっちも好きなんだもん!」

という超ワガママをだいたい叶えてくれるインクというのが、古典インクというわけ。

これも残念ながら鉄板ではなくて、モレスキン側のロット差がでます。
ロットによっては「古典だろうがなんだろうが抜けまくり」ってこともありますので、他の方には全く推奨しませんし、万年筆愛好家の皆さんはモレスキンを使うときは鉛筆を使っている(つまり、万年筆で書くことはないってことね)という方が少なくないです。

「でもでも、どっちも好きなんだもん!太字ヌラヌラでモレスキンを使うんだい!」

という3歳児並みのワガママで、日夜、古典インクを求めているのです。


ちなみに、顔料インクもモレスキンにおいて抜ける確率としては古典と同等くらいの性能は出してくれるんですけど、顔料インクにて、やらかして以来、顔料インクは私の中で取り扱い超注意扱いなので、基本的に使ってないです。


それは古典も似たところがあるけれど、顔料よりはマシです。

仮に固めてしまっても、取る方法がないわけではないというのがポイントかな?(顔料は固めたら最後、ペン芯交換必須です。)


ということで、古典インクが好物なんですけど、多くのメーカーさんが、撤退気味なんですよね。


ってな事情もあって、新規にDIAMINEはどうかしら!?ってことで、今回取り寄せてみました。


このインク、ネットの評価はなどを見ると、これまでの古典よりも強烈っぽい(固まったり、トラブりそうの意味)ので、シャトルブルーさんにご登場願ったというわけ。


さてさて、インクをですね、空のカートリッジに移す作業をしたんですけど、これが、、、びっくりすることに、、、


「鉄臭いやん((((;゚Д゚)))))))」


ものすごく驚きました。
これまでのいろんな古典インク試しましたけど、ここまで強烈なのはちょっとなかったですね。

しかも表面張力が半端ない。。。

いろんな意味でトラブりそうなインクであるのは間違いないです!


無事にインク入れを完了しまして、書いたところがこちら





書き始め淡い青でして、

「あちきの好みではないなぁ〜」

と一瞬思ったんですけど、みるみる黒みが増してきて、

「これは!!」

めちゃ好みの色味やん!!!

ヤバイ!!ほかの万年筆いれて、太字ヌラヌラで試したい!!

やってみるべ!

と、画策中です!
今日はここまで!
かなり好みです!この子!



おまけ



モレスキンにて裏抜けなし!!
優秀!!

まー、シャトルブルーは国産(プラチナ)のF(細字)ですので、もともと抜けづらいかもしれないですけどねー。

ヌラヌラ系で挑戦しなくては。

さて、何にいれよっかなぁ〜。

author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 06:36
comments(0), -, - -
【インク、文具】パイロット FRIXION のブルーブラックが意外とよい!
ぷぅコッコは日頃、フリクションを愛用しています。

いわゆる、「消せるボールペン」ね!

この中でも気に入っている色があって、それが「ブルーブラック」というわけ。

色味としては青よりで、ペリカンのブルーブラックに近いと思うんだけど、それとの比較はまた、やるとして、今日はDIAMINEのブルーブラックと比較してみました。





えっとー、この写真、、、DIAMINEのブルーブラックがかなり素敵。。。ってことしかわからない感じになってますね。。。(汗)


太字と細字で感じが違うよって記事にしたほうがよかったんじゃないかと、書きながら思うわけですが、それはおいといて。。。


万年筆好きさんの中でもブルーブラック好きさんに、フリクションのブルーブラックオススメです!!


author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 08:05
comments(0), -, - -
【インク】DIAMINE ブルーブラック(水性)は軸も染まらずいい感じだぞ!
先日、DIAMINEのブルーブラックをM805デモンストレーターに入れた話を書きました!





これだね!


ブルーブラックと言いますと、軸が染まっちゃうんじゃない?って心配がちょっとあります。

え?いつも同じインクしか使わないから問題ない?

まー、そう言わずに!

透明軸が染まるのはさすがに、、、たとえ同じインクを使うにしたって、透明軸じゃなくて、ブルーブラック透明になってしまう。。。


ということで、軸が染まらないかなぁーと心配しておりました。





とりあえず、半分くらい使ったところで、見てみると、こんな感じ。


おそらく大丈夫じゃない?


んでもって、今日は洗浄してみました!





じゃーん!





じゃじゃーん!


うん!
問題なさそうだね!


ってなわけで、DIAMINEのブルーブラック(水性)は大変よろしいですね。


ちなみに、色味は青墨に似てるなぁーって思います。
実は青墨の色味が好きなんですけど、顔料インクは扱いが難しくて、大切な万年筆を瀕死にしたことがあります。

師匠に、「素人か!?」と言われ、それでも直してもらったんだけど、って話はこちらから。。。
師匠からは「このペン芯、もう青墨専用だね〜」と言われたので、青墨で使ってたけど、やっぱり固めて、ペン芯交換。。。私には使いこなせない。



ってなわけで、青墨禁止令の出ているぷぅコッコですが、あの色は好きなんだよねー。


このDIAMINEのブルーブラックはとてもよく似ているので、かなり満足です!


よーし、ガンガン使うゾォ〜!


ちなみにこちら没食子版ではないので、お間違えないように!


没食子版も今度お試ししまーす。
(もちろんM805デモンストレーターには入れないけどねー。)



author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 07:43
comments(0), -, - -
【徒然】アンガーマネージメントの根底にあるもの
アンガーマネージメント。。。
興味があってもっと知りたい分野なんだけど、まだ勉強するというか本を読んで積極的に情報収集するには至ってはいない。


怒りをコントロールするってのは実は重要なことだと思うんだよね。


怒りに任せて何かをやるとそれがほころびになっていろんなことがうまくいかなくなる。


冷静に考えれば誰だってわかることなんだよね。


でも、衝動に冷静さをなくしてしまうってことがマネジメントしなくてはいけない本当の部分な気がしてるのよね。


子育てを経験しているからかもしれないけど、人生には自分ではどうしようもないことがあるというのはすごくよくわかる。だって、私の意志では子供一人すら泣きやますことができないんだから。


子供はオムツを替えたり、オッパイをあげたり、時には時間をかえりみずに抱っこしたりで、泣き止むけど、それは彼らの意思であって私がいくら望んでもそうなってくれるわけじゃない。


人には他人からの干渉ではどうにもならない部分があって、その衝動的に湧き上がるものをどう扱うかってのが、私におけるアンガーマネージメントの本質なんだよね。そんなことをしみじみ思う。


そう、これが私の中でのアンガーマネージメントの本質!


こういうことを克服したいんだけど、なかなかフィットする本が見つからないのよね。


これから10年くらいかけて自分と向き合う新たな課題だな。たぶん。
author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 06:18
comments(0), -, - -
【インク】Lamy ボトルインク ブルー を台湾にて入手する
日本はとことん、いい国だったなぁーと思うのは、万年筆やら周辺小物を買う時です。

首都圏で暮らしていたこともあって、大抵のものはお店で購入できたし、できない場合もAmazonやら楽天やらを駆使すれば2、3日のうちにはつくもんね。

そんな素晴らしい国、日本

ではないんですよ。ここは台湾。



私、先日ヴィスコンティ オペラマスター クリムゾンタイドという超限定万年筆を購入しました。


そんな喜びの感じは先日書いたブログを確認して下さいませ。
ブログ記事はこちら

んで、インクを、、、入れてお試しを。。。(私はコレクターじゃないので、買ったものはもちろん使います)
と思ったんだけど、一つ問題が。。。



このオペラマスターはブランジャー式の万年筆でして、軸の中に直接インクが入る仕組みなんですね。

そんなのどの吸入式もそうじゃん!
と言われればそうなんですけど、このオペラマスター君は透明部が多い万年筆で、なんか軸がインクで染まったら嫌だなと。。。ちょっと思っちゃったんですよ。



実は、万年筆のインクって結構複雑というかいろいろあって、染まりやすいとか洗浄しにくいインクが存在します。

染料系でも特に染まりやすいのは『赤系』
ピンクとか赤紫とかそういうのも赤にまつわる染料が入っているので、染まります。

そりゃーもう、軸の中がうすーくピンクになっちゃうさ。


古典のブルーブラックも染まりやすいし、残りやすいですね。

言うまでもないですが、顔料インク(セーラーなら極黒、青墨、ストーリア、プラチナならカーボンブラック、ピグメントブルー、ブランセピア、ローズブルー)は危ないですからね。
私は青墨をお気に入り万年筆で固めたことがありまして、(万年筆の師匠に『素人か!』と言われながら、メンテしてもらいました。結局ペン芯交換したさ。)
そんなわけで、現在、顔料インクは使ってません。
これね、本当に危ないから、個人的には文具店の方にはホイホイ売らないで欲しいくらいです。

すごい発色いいし、綺麗だしいいけど、お高い万年筆で試すようなインクではないです!
入れたとしても、サファリ(約4000円)が限界だな。
それ以上高い、ましてや金ペンに入れる気にはなれない。



まー、さて、そんなことで、じゃーなんならいいのよってことなんですけど、
これは
『ペリカン ロイヤルブルー』
もしくは
『Lamyブルー』
この2択です。


色も染まらず綺麗に洗えるってインクがインクという存在としてどうなのか?という疑問はおおいにあるわけですが、そこは置いといて、万年筆愛好家の中には万年筆に対して優しいという理由から、
『ペリカンロイヤルブルーしか入れない!』
という方もいらっしゃいます。

インク沼にははまらないタイプだね〜。

万年筆にはそういう様々な楽しみ方があるんだよー!うんうん。



それでね、今回はだいぶ大枚を叩いた超限定万年筆(世界で20本しかないらしいし)だもんで、数々のおばか行為に手を染めた私でも、『やっぱ染まらないインク入れたい』と考えたのです。


だがしかし、ここは台湾


日本ほど愛好家がいるわけでもなく(もちろん愛好家はいるし、万年筆愛は世界共通ですわ。でも日本と比べると少ない。)文具店がゴロゴロしてるわけでもなく、かといって私は中国語でネットショップを渡り歩けるわけでもなく。。。


よーするに入手が難しいんだな。


日本の実家には『ペリカンロイヤルブルー』のインクボトルあるのにぃ〜
普段は割と冒険的インクが好きなもので、持ってきてないし(T ^ T)



と、途方にくれたんですが、なんと見つけたんです!

Lamyのブルー

ペリカンじゃなくてLamyのブルーってのが台湾ぽい(笑)
Lamyのボトルインク置いてるところはもちろん日本にもあるけど、日本ならペリカンのが圧倒的に入手しやすいのに。


サファリがわりと人気あるんだよねー、台湾で。
だからだと思う。


場所は私、行きつけの日系書店『紀伊国屋天母店』
日本語対応もしてくれます!

『ボトルインク欲しいんですけど』と、日本語で言いまして、ディスプレーしてあるものを取り出してもらったんです。

さっそく見せてもらったんですけど、ブルーなのかブルーブラックなのか確証が持てず。
(普段、Lamyのボトルインクとか使ってないからねー)
だって、表記が、、、中国語なんだもん。
どっかに英語名はないのかと、箱とかボトル自身とかを舐めるように見ましたよ。。。なかったけど。

色名は『藍』って書いてあるのよ。

これって中国語で『青』の意味だけど、じゃーブルーブラックは?って知らんし。。。

。。。仕方がない、確認しよう!


『これはブルーですかね?』

『青ですね。』

『えっと、このインクにはブルーとブルーブラックってのがあってブルーの方が欲しいんですけど』

『。。。???(店員さん、はぁ?の顔)』


他の店員さんが呼ばれ、説明してくれて、そうしたら他のボトルをさがしはじめたんですね。

どうしても欲しかったので、粘りました。(変わった日本人だし、うざっ、と思われたことでしょう。まっ、関係ないけどね。)

すると、見本として、ブルーブラックのカートリッジインクを出してきてくれて、(ナイス!店員さん!)

『コレとはちょっと違うブルーですね』
と二つを較べて見せてくれました。

うん!知ってる!
ブルーブラックのカートリッジは結構使ってるから!うんうん!

『ちょっと見せてもらっていいですかね?』

といって、ブルーブラックのカートリッジを店員さんからもぎ取り、色名を確認

『藍黒』(黒は中文だと似てるけど違う字なんだけど、私ブログのフォントではでないね)

となっていて、ブルーブラックの中国語名を確認(冷静に考えればそりゃブルーブラックだもんねー)し、ボトルはブルーだとわかりまして、
『オッケーです!このボトルインク下さい!』

といって購入することを決めました。

ディスプレー用の一つを取り出させたので、もしかして裏から出てくるかな?と思ったけど、そんなことはあり得ず、そのディスプレー用の一つを購入したのでした。


まー、買う人いないよね。ボトルインクなんて。。。ましてや紀伊国屋は専門店でもないし。


そんな紆余曲折ありまして、購入したのがこちら


瓶はこんな感じ!


さっ、次はいよいよオペラマスターに入れなきゃねー!











author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 05:49
comments(0), -, - -
【万年筆とインク】ペリカンM205アメジストにエーデルシュタイン アメジストを入れてみたよ
今回、M205アメジストのインクセットを購入したので、エーデルシュタイン アメジストさんを入れてみました!


箱はこんな感じ。



ペン先がちょっと特殊で

なんと、BBなんだな!
太字好きな私としては抗えませんでした。






書いてみました!
太いね!太い(笑)
色味的には濃ゆい上品な仕上がりですねー。





おまけ(^ー^)ノ



いやー、ペリカン三兄弟、かなり良いですわ!!
author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 07:48
comments(0), -, - -