RSS | ATOM | SEARCH
【読書】「Chitirin日記」の育て方
本との『一期一会』


「Chitirin日記」の育て方
ちきりん 著

「Chikirinの日記」の育て方



Kindle版しかないということで、
ちょっと出遅れましたが入手しました。

実はこのご本
教えていただいたのは友人ブロガーのブログ記事でした!
そんな記事はこちら
一流への道 Chitirin日記の育て方 書評

こちらを拝読して
「なにーーーーっちきりんさんがブロガー本だとぉ〜」
読まねば!
と思ったんですね。

そんなおり、イケダハヤトさんのブログでもこのご本が紹介されていることを知り、
そりゃあなんちゅうの
自分の信頼するブロガーさんと
プロブロガーが推薦してるわけだし
そもそもちきりんさんのご本だし
読まなきゃじゃないですか!!

で、Kindleでポチッといきました。


ブロガー本に関しては
この間、コグレ マサトさんの書かれたものを読みました。
感想はこちら


この本はアクセスアップを狙う
ということでテクニックに関わることも書いてあるわけですが
私はその中にプロブロガーとして生きていくというプロ根性をみたわけです。


ちきりんさんのご本はまた
それとは違う。


なんていうかなぁ〜
うまい言葉が見つからないけど
ブログを書いて生計を立てるということではプロブロガーなのかもしれないけれど

一定の『自分メディア』を確立することに重きを置く
『メディアブロガー』
とでも言うべきものを目指してらっしゃるというか
もう、そこには到達していて
その軸を崩すことなく
進化させることを楽しんでいらっしゃるんだなぁ〜ってのを強く感じたんですよね。


とくにアフィリエイトで稼ぎたいということに重きを置かれている
ということではないために
ちきりんさんのブログはスッキリしています。


でもね
そうか!やっぱり広告類でガチャついてるブログでない方がいいよね!

ってことではなくて、
自分メディアを確立するする上で
どうしたいかを決めればいいと思うんですよ。


私はJUGEMのブログサービスを有料で使っています。


無料でもできるんだけど
関係ない広告が入るんですね。


それがどうしても許せなかった。


だから有料にして自分に関係ない広告が出ないようにしたんです。


別にそういうことを気にしないのであれば無料のままでいいし
アフィリエイトで稼ぐことを目的に書いているブログであれば
それこそページ全体で
広告が有効に入っているという見た目がそもそも『自分メディア』かもしれないと思うのです。


だから誰のブログ形式がいいとか
例えば
ちきりんさんが言っていた
記事の前には広告をいれない
っていうのだって
どっちだっていいんだと思うんですよ。


まぁ自分で考えるってことでね。


さて、ご本を読んで
本当にそうだなぁ〜ってうなづいて
さらに気をつけようと思ったことに
『本人を目の前にして言えないことは書かない』
というのがあります。


これは自分で考えればいいとかじゃなくて
どんな場所でも失礼なことは言わない
いやっ、陰口になるようなことは言わないってのは
なんだろう、社会人としての基本ですね。


気をつけてはいますが
改めて、
とくに厳しい意見を書こうとする時こそ
『この人が目の前にいても言える?』
って自問しようと思いました。


自分が思うことを表現することと
口汚く罵ることは違うと思う。
口汚く罵るほどいかなくても反対意見を述べる時には注意しなくてはいけない。
そんなのコミュニケーションの基本だけど、なぜか日本人はうまくできないと思う。


だから匿名だという理由でアホな書き込みをしてしまう。


でもさ、ばれちゃうもんだと思うし
なんかアホやなぁ〜って思うわけです。


だからこそ
自分メディアとしてそれを学ぶ機会としても
自分のブログで配信することっては重要なわけです。


私はぷぅコッコという
いわばなんだかわからんものとして
ブログを書いていますが
実名でないからまともな意見を書けない
とかではなく
もうこの一つのキャラクターとしてブログを育てるってのもありだなと
改めて思わせてもらいました。


そしてもうひとつ!
私は本の感想を書いているけど
それを題材にしたブログ記事を何回にもわけて書いていくのに挑戦しようかなって
Chitirin日記の育て方
を読みながらおもうのでした^ ^


なんかこう、なんでしょうね。
ブログって媒体を使って
なんらか表現するのは
私の一つの思考方法で
ブログはツールなんだなぁ〜。


うん。面白い!


ブログ書いてる人は読んでみることをお勧めします^ ^

いやっ、むしろこれから書きたい方かも。
いやっ、みんな読んじゃいなよ(笑)




author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 17:50
comments(0), -, - -
Comment