RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】友達が著者さんになるということ
【徒然】

友達が著者さんになるということ


活動の範囲を徐々に広げておりますと
当然のように
『著者さんとお知り合いになる』
という機会に恵まれます。


大変ありがたいことでして
たまにはご著書を頂いたりして
交流が広がったりするんですね。


本当にありがたい限りです。


私、ご存知の通り
本を読んだ時の感想を書いております。


いい悪いは別として
幾つかの決め事をしています。


その幾つかの決め事
ほんの少しなんですけど
私にとっては重要なんですね。


さて、今月は大変珍しいことが起こりまして
なんと、友人が著書を出したんですね。

これね。
17時までに結果を出す! 「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法



著者の須藤由芙子さん
ご自分で会社を立ち上げてらして
社長さんですわね。


へっぽこサラリーマン(いちおうウーマンか?)の
ぷぅコッコさんとしてはですね
もうね、社長って響きだけでクラクラっすよ(笑)


そんな彼女とご縁あって
お話しさせていただいたりする機会が増えたわけですが
ママで仕事してて
社長でってまぁ〜とんでもなく
努力をしていらっしゃる。


そういうことをちょこちょこ見てきていて、まぁその友人ですからね。
あの、著書が出るなんてのはもうね
喜び以外の何物でもないんですよ。


ちょうど、保育園の運動会で、
息子の友達が走ってるのを見てないちゃったりする
(なぜか自分の息子では泣けない(笑))
あんな感覚ですよ。


近所のおばあちゃんが
『まぁ〜ぷぅちゃん大きくなってぇ〜泣、泣、泣』
みたいな感覚なんですね。


彼女の本の企画が通った日
私、彼女からメッセージを頂いたんですね。


彼女が世の中に伝えたいことがある
というのは知っていましたから
まぁ、一緒に喜びますわね。


その先もいろんなことに
悩む彼女にであってきた訳ですよ。


そんなわけでね、
製本されたその本を受け取った私も
なんか感無量みたいな感じなんです。


すると、なんか本を開くのが怖くなっちゃって
どうまとめられるのかとか
いろんなことを考えちゃう。


『ブログどう書いたらいいかなぁ〜』
彼女に聞くと
『ブロガー目線と友達としての両面で書いて欲しい』
と言われたんですね。


なんちゅうことやろ。。。


ブログ
ブログなんて、web上に書いてるだけでお金もらってるわけでもないでしょ
と言われればそうなんだけど
どうであれ、これは『私メディア』
だったりするのよね。


本の感想だって
適当に書くこともできるかもしれないけど
それって自分に嘘ついてることだよね。


だれがどうってのは関係なくて
そういう嘘をつきたくないんだよね。



それでも私は彼女を応援したい。


ということで、この徒然では
思いっきり応援することにしたの。


まだ、読んでない今、彼女を私は応援する。


そして本の感想はいつもの通りの
決め事に従ってアップする。


それをゴチャゴチャにしたくなくて
書いたのだ。今日の記事。


彼女の著書は営業本で
明日発売ですよ。


ひとまず、本屋さんで彼女の本にであってください(^O^)


感想はまた別途、読んだら書くネェ〜



author:ぷぅコッコ, category:徒然, 17:48
comments(0), -, - -
Comment