RSS | ATOM | SEARCH
【読書】ぼくたちが選ばなかったことを、選びなおすために。



このご本、お友達がブログを書かれていて、それで知ったのよね。


私のこれから書くブログ読むより、多分ご本の内容はこちらのが詳しいので、ぜひチェックしてね。


お友達のブログはこちら

その後、別のお友達にも推薦されて、、、
2人のお友達から推薦されたんだから、読まなきゃよね。
って事で、いつも通り安定の紙の本を買いました。
本屋さんで!


あー、なんか読む前からなんか内容しってたなぁと思ったら、先に書いたお友達のブログ読んでたからでした。


さて、私は例によって感想に終始しよう。内容にちゃんと言及することはないのかって?それは、まぁ個々人が読むかに委ねようじゃないかというスタンスね。


この著者さん、多発性骨髄腫というなんというか、根治が難しいガンである。


実は本の途中で放射線治療が効いて、ガンが消えたってこともあるみたい、それでも、それは痛みがきえた?和らいだ?程度の話で、余命宣告をされた時間が減ったり、完全に治りましたなんて未来のないものらしい。


ガンになった人という意味でいくと、うちの母はガンになった。そして、もうガンを切ってから多分もう20年くらい生きている。


舌癌になった友達もいる。
その友達はブログを書いてくれている。


この著者さんもそうだけど、私の母も、舌癌になった友達も、ガンだと診断がつくまで、なんか壮絶な感じで。


うちの母は違和感を感じてから、どんどん膨らむのに1ヶ月とかからなかった。


検査をしてくれた医師が、大腸ガンの可能性を早々に否定できるだけの検査をしてくれて婦人科に紹介してくれなければ、卵巣癌というやつで、あっという間に死んでいたと思う。


私が今、歩んでいる人生は少なくとも絶たれただろう。


舌癌になった友達は、水も自分で飲めなくなる状態になって、病院で舌癌の診断を受ける。


詳しいことはブログを読んでもらう方が良いと思うので、リンク貼っちゃう。


舌癌のお話のリンク


そして、今回の著者さんも、壮絶な痛みに耐えて、やっとガンが見つかり「やっぱりな」と書いている。


とにかくカラダの内側で起こってることが普通ではない状態になるのか。。。ガンというやつは。。。


と納得する。


そして、その壮絶な痛みの中、「自殺を考える」


この著者さんは、自殺を思いとどまった理由を、「実は生き物というのは簡単には死ねないということを知っての行動だった」と書いている。


そう、人は簡単に死ねないのだ。


今は買えるかわからないけど、その昔、「完全自殺マニュアル」なる本があり、私はベッドの後ろの私しか見れない棚の中にお気に入りのCDとともに入れていた。


自殺を考えているかいないかに関わらずそんな本、開けっぴろげで置いておけるわけもなく、「なんで、そんな本持ってるんだ」と誰かに聞かれても、答えに困るので、お気に入り棚に入れて、「私以外の人は触らないで」ってしてたわけだ。


その中には、淡々と、自殺の方法が書いてある。


そう、いつの日か自殺を考えたら、痛くない方法、ぽっくり逝ける方法を選びたいじゃないか(これは、賛否両論あるだろうけど、自殺をするということ自体について、議論したいわけじゃない。)だから、調べたんだよ。


いつの日か本当に実行したくなった時、確実に死ねて、一番辛くない方法を。


結論から言えば、辛くない方法も痛くない方法も基本的にはない。


多分一番それに近いのは首吊りだけど、それだって、美しく死ぬことはない。(糞尿を垂れ流し、そういう姿を発見する誰かに見せることになる。)


飛び降りたり、薬のオーバードーズなんてのもあるんだけど、下手をすると死ねずに、見つかって、助かってしまうのだ。


それはそれで、不幸じゃないか。
本人は一時的であろうが、痛みに耐えかねてだろうが、自殺しようと思っていたわけだから。


そう、そういう「簡単に死ねないという事実」と天秤にかけて「自殺しないを選ぶ」というのは完全にあって、この著者さんが書く、「人は簡単に死ねない」は本当にその通りなのだと改めて思った。


著者さんは、自分のガンをいろんな人に説明するのに嫌気がさして、ブログにガンを公表する。


それはそうである。


何人に聞かれたんだろう、同じ話を何回したんだろう、そんなことを思う。


私が、ガンになったり、難病になったりして、どうにもならんということが確定したら、このブログに書こう。


そして、このブログ読んでくださいって言うことにしようとそんなことも思った。


著者さんが、そう言うことをブログに書くと、自分とは直接には関係にない人、実際は同じガンだというわけでもない人たちからの感謝の言葉が届いた。


なんでだ?
それは、自分が苦しい立場にいると言うことを言えなかった人たちからの苦しい告白だ。


そのブログにコメントとして届いたものやメッセージとして届いたものは、この本で公表されているわけではないけれど、きっときっと、感謝を述べた人たちは、自分の辛い思いを書き綴ることができた、そして、それについてなんの評価も、「頑張れの言葉」も、「頑張らないからだ」の言葉も、「逃げればいい」だの、「なんでそんなことをで悩んでるの」といった、相手は何気なく言ってるつもりの強い言葉が返ってこない場所に書けたという、そんな感謝の気持ちだったんだろう。


著者さんは、それを汲み取って、そうやって感謝を書いてくれた人のインタビューをして、本を出すことを心に決める。


このご本、友達のブログを読んだ印象や、ご紹介いただいた感じでは泣ける本かと思っていたけど、実際には読んでいる間中、泣けなかった。


前回、スタートアップに奮闘する経営者の話は人がひくほど泣いたのにである。


たまにそういう本はある。
涙を流してデトックスに使おうと思っていた本ほど、涙も出ないし、いい意味でもよくない意味でも泣けないし、もう一段遠いところから冷静に見守ってしまう。


自分のこととして捉えられないから?
いや、どちらかというと、もっともっといっぱい考えたからだと思う。


いろんな人の話に泣けない上に、淡々と読み進む自分にはまるで心がなくなったのではないかとたまに思ったりする。


このご本の中で、著者さんは家族というもののあり方について書いている。


共通のメッセージがあるとしたら、一つは「家族」ということかもしれない。


家族の選び方
家族は、家族というものですら、選び直していいんだという。


全てのつながりは、実は自分で絶たない限り絶たれることはない。


それは良い家族の場合でも、虐待だの、不全だのの家族の場合もだ。


決して勝手に切れたりしないのだ。


その決断をするのは誰あろう自分以外にいない。


いつも、いつかは捨てられると思っている人なら、安心していい。
捨てられないよ。
もしも、捨てられるとしたら、自分で、捨てられるように仕向けているんだよ。


だから、ほんのちょっと相手と自分のことを信じるだけでいいかもしれない。


でも、辛い環境にいて、どんなに捨てて欲しいと願っても、捨てられることはない。絶対に。


とても残念だけれど、その逃げられないスパイラルから救ってくれる人なんていないのだ。


自分で選び直す以外にない。


そういうことが書いてある本だった。


そして、ガンになって、彼はその繕っていたものがはぎ取られるように人間関係が変わる。


生き方が変わる。


そして、そういう全然違うけど、同じような体験をした人たちを取材する。


親がとか、生まれた環境がとか、いじめにあったからとか、自分のガンのせいで家族がバラバラになってしまったとか、生まれる環境も選べないのに、親をみなくてはいけないのかとか。。。


「すべき」のオンパレードを
どうにか繕ってきた「果たしている」感じをはぎ取られる
そんな体験に思えた。


ガンにならなくても、どんな体験をしていても、していなくても、「自分が選べるのだ」と言いたげだと思った。


決して幸せだと言えない一面と
最高に幸せなのに、余命宣告されているという状況が文章から読み取れる。


自分が選べずに産み落とされて、選び直したい家族と
自分が選んで産み出した家族とを思い、取材した他の人たちの状況にも目を向けて絞り出すように言う
「選び直せる」と。


もしかすると著者さんとは逆で、自分で選んだ家族が最悪で、もともと何も知らずに家族になった人たちが素晴らしいってこともある。


どの家族も、友人も、周りにいる人すらキラキラしていて、選ぶも何も最高だという人生の人もいるかもしれない。


逆に産み落とされた家族も
自分の選んだはずの家族も最悪だよって人もいるのかも知れない。


どんなに状態だろうがどんなに辛かろうが、どんなに幸せで最高でも一つだけ誰だってわかっている不文律がある。


そう、どんな人でも
「選び直すことは可能だということ、そして、それはあなたの代わりには誰もやってくれない」ということだ。


その一つのメッセージを伝えたくて、このご本を書かれたのではないかと思う。


著者さんがガンであることも、ご家族と離れがたいほどの思いでいることも、逆に親対しての思いもすごくあることはわかる。


わかるけど、それに肩入れしようと思わない。
ガンになって不幸だとも思えない。
ガンになって繕えなくなったことも理解はできるけど、それもそうだろうなと思うくらい。
ご両親のことも決してよくは書いてない、それについても不幸でしたねとも思わないし、逆によかったですねとも思わない。


全ては、誰だってあり得ることで、あまりそれらに肩入れすることがなくなってしまった。


だからきっと泣けなかったのだと思う。


それでも私は、逃げることを思いつきもしなかったという誰かに、自分と同じ境遇の人はいて「選び直していいんだ」ということに気がついて欲しい。


誰とも知れない顔がわからない人と、実は顔も関係もわかる人からも、傷つけられたとしたら、それはあなたのせいではないし、それを「選び直してもいいんだ」ということに気がついて欲しい。


そういうことを知らせたくて、著者さんは本にしたんだと思う。


だから、どこにいるかわからない「選び直せなくて困っている人に」届くように、いっぱい拡散されたらいいと思う。


そういうことにを切に願う本だった。





author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 18:15
comments(0), -, - -
Comment