RSS | ATOM | SEARCH
【読書】振り返り手帳術





最近、結構読書してんじゃん、ぷぅコッコです。


こちらのご本、著者さんの初の著書ということで、夏の頃だったと記憶してますけれども、著者さんご本人からFBでご連絡をいただいたんですね。


ちょろっと時間なかったりして、なかなか本屋さんも行けなくて出会えなかったんですけど、ちょうど冬におやすみいただいたこともあって(とはいえ、そんなに休めた訳ではないけど。。。)気になってたんで、本屋さんで買いました。


手帳術!
私のブログ仲間や文具好きの友人たちも本を出してますけれども、すごいんですよ。


手帳術のご本を出版される方の手帳拝見させていただくと、ぶっちゃけ凹みますよ。


私にはできないってね。


でもね、いいんです。
手帳の種類
例えばシステム手帳がいいとか、綴じ手帳がいいとか、
いわゆるレフト型がいいとかバーティカルがいいとか、私自身、散々買って研究しました。


やっぱり一日一枚よね!って事で、ほぼ日で運用してたこともあります。


今はというと、ライフログノートと、3年連用型の手帳を持ち歩いてます。


今年、ほんと、今年初めて手帳買ってません。(連用手帳2年目だから去年の使えばいいってわけ。)


それで、どのタイプの手帳がいいとか、そういうことは実はどうでもよくて、こだわって自分が好きなものを使えば良いわけです。


手帳って、スケジュールを書いておくものって思ってるでしょ?


それに、スケジュールだけだったら、Googleカレンダーで十分じゃんとか?


そう、スケジュールだけならね、それでいいのよ。
でも、手帳の活用方法はそれにあらずですよ!ってのが手帳の達人が教えてくれる手帳の活用方法なの。


全ては、昨日の自分よりより良い自分になるための記録なのね。


このご本を書かれた著者さんは30年にも渡ってご自身の手帳を保存していらっしゃるそうですが、それを見返すことで、自分の成長を確実に知ることができる。


成長を知ることができるようになるには、スケジュール帳として、例えば、どっかに出張に行ったとか、なんかのプロジェクトでお客さんにアポイントとったってことが書いてあってもダメなんだよ。


いやいや、ダメじゃないけど、「あん時大変だったよね〜」で、終わっちゃう。


それも悪くないけど、別に3年前の出張の予定とか見返したいと思わないよね?


とすると、見返したくなる手帳を作る!文字通り自分で、書き入れて作る必要があるんだな。


いや、必要というか、そうやったらすごく見直せて、「昔の自分からの進化の過程が手に取るようにわかる」というわけ。


「え?そんなの書かなくてもわかる?」
それ?ほんと?


「過去と他人は変えられない」ってよくいうけど、実は、自分が思ってる過去は変えられるのよ。


変えられないのは過去の事実。
それは変えられないけど、ネガティブに捉えるかポジティブに捉えるかで、実は大きく過去は変わるのね。


それを、歳をとっちゃったら忘れちゃうような自分の脳だけに頼ってると、まぁいつでもポジティブに考えられるならいいけど、そんなこともないから、ちょっと弱ってくると超ネガティブに考えちゃう。


「昔から私はできない子だった。」「あの時、お客様に迷惑をかけたから成長してない」とか、、、そーかもしれないし、そーじゃないかもしれない。


その時の経験があって、変わってることがあって、ほんとは成長してることがあるんだよ。


それを見返せる体制を作るってのが手帳をつけるほんとうの意味なんだね。


そういうことを教えてくれているご本なのね。


ちなみに、そういうことを教えてくれるご本は他にもあるけど、このご本の秀逸さは「マイニュース」


毎日に見出しを付けていくのね。


3ステップで見出しをつけるのがコツです。

第1ステップ - その日印象に残った3つの出来事を選ぶ
第2ステップ - その中から1つを選ぶか、3つの共通点を探す
第3ステップ - 10〜15文字程度の見出しに凝縮する



この中で、10〜15文字の見出しに凝縮する!ってところが秀逸。


著者さんは、印象に残った出来事がマイナスだったとしても、それを前向きな気持ちに切り替えて見出しをつけることを推奨しています。


例文
「致命的な大きなミスをして会社に迷惑をかけてしまった。だめだ。最悪だ。もうもう失敗できない。なんとかしなければ。。。」



私、一行日記的に書いてた時もありますけど、多分この事象なら完全に
「もう、終わった。。。」とか見出しを付けてます。
ミスはミスとして事実を書くみたいな感じ?修行なのか?いや、後から見返しても、苦く酸っぱいものが蘇るだけじゃん。


これだけ書くなら、手帳必要なしな感じもするなよね。
でも、著者さんはちがうアプローチを教えてくれます。


致命的な大きなミスをしてしまった日。ほかに「いいこと」が何も思い出せなかった場合、ミスをしたことをマイニュースに選んだとします。失敗は確かに痛いですね。ひょっとしたら、会社の評判も落としてしまうかもしれません。しかし、「致命的ミス、最悪の1日」などとは決して書かないでください。 どう書くか?

ミスをしてしまったこと(結果)は「なかったこと」にはできません。後ろ向きの結果に対し、一時的には感情が乱されたとしても、それを引きずらず、前向きな気持ち(感想)が持てるよう切り替えるのです。大事なのは、なぜミスをしたのかの冷静な原因分析です。そして、同じ失敗を繰り返さないようにするにはどうしたらいいか対策を考えます。建設的に考え、プラスの教訓を引き出す思考ぐせを身に付ければ、感情をコントロールできるようになるでしょう。こうしたケースでは、「再発防止が一番」「教訓は成長の種」といった見出しを考えるのも一案です。



これですよ!
この短い見出し、そして、考え方!
これがすごいです。


見返したらきっと成長できる!と思っちゃうよね。


そして、このご本の秀逸さは、見出しの作り方の練習と著者さんが書いてくれてる見出しにあるのね!


ここは、本書を手にとって読んでみてほしいです。


この短い見出しなら、どんな手帳を選んでも書けます!
(実際にどこに書いたら良いかってことも手帳別に示してくださってるので、ぜひチェックしてね!)


新年明けて、手帳に新たな息吹を吹き込む一冊!これは良いです!


今年、ぷぅねーさんと一緒に見返せる手帳!書いてみませんか?



author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 18:03
comments(0), -, - -
Comment