RSS | ATOM | SEARCH
【日々の記録】介護の話2 脳梗塞ってやつ
人間誰しも抱えてるもんですよねん。ぷぅコッコです。


前回、介護の話1で父が脳梗塞になっちまったぜって話を書きました。


その脳梗塞について、もうちょっと書いておこうかなと思ってます。


病院で、脳梗塞を起こしましたので、先生はすぐに処置を進めてくださったわけです。


脳梗塞の特効薬
t-PA療法
血栓溶解療法
ってのがあります。


みなさん知ってます?


私、専門家ではないので、詳しくはわからないですが、見つかってすぐ(おそらく3時間以内とか)であれば血栓を溶解させる薬ってのがあるんですね。


この療法に関しては、父が倒れて、その連絡を受けて、あらかた検査と治療が行われて、そのあと多分午前中に先生に教えてもらったんです。


お、父は病院で見つかったので、それの適用か?
と、思ったんですけど、担当の先生の話では、手術後すぐは使えないんですねこの薬。


血栓を解かせるくらい強力なので、万一手術をした傷から出血とかするとあっさり死んじゃうわけです。
少なくとも私はそう理解しました。


父は手術後、2週間目に入る直前でした。
なにやらネットなどを調べると、大きな手術後2週間は使えないとなってるんですね。


使えたとすると、血栓が溶ける可能性が高く、麻痺とか残らず回復する方が多いそうです。


そんないい薬があるんで、もしも「あら、なんか脳とかおかしくない?なんか麻痺ってるぞ?」とか、変だなと思ったら躊躇なく、救急車呼んでくださいね。
なんにせよ時間勝負ですよ。


父にもその薬が適用されておれば、、、と、思わないわけではないですが、先生のご判断はご判断ですので、説明に納得をしました。


それで、その薬が使えないとなると、今度はカテーテルってのの適用になるわけです。


腿にある太い血管から脳まで辿って行って、直接血栓を取り除くと言うやり方です。


これも、結構時間勝負です。
発生より8時間以内が適用だそうで、父はカテーテルによる処置を施されました。


脳のおっきな血管まで這わせて、そこで詰まってるところを取り除くわけです。


でも、カテーテルもものすんごい小さい血管まで行けるわけではないので、全部が取れるわけではないんですね。


父の場合はカテーテルの届かない細い血管であったため、カテーテルでも血栓は取れなかったんです。


ま、残念ですが、これが現実です。


まぁ、それでも落ち着いてから溶かしたり、いやいま、t-PA療法まではいかなくても、血液サラサラで飛んでったりしたらいいんちゃう?
と思うわけですが、これがそうでもないんだそうです。


脳というのは、血液が滞るとそこから詰まったこところの血管から先の脳細胞が死んでしまうわけです。


脳細胞が死んでしまったあと、無理やり血液を流す
というか、血栓がとれて流れちゃうと脳細胞が死んだ場所って、すんごく血管がもろくなってるので、脳出血になってしまうんだそうです。



そうなのか。。。
脳って、大変だなぁ。。。


その時点ではどこから血栓が飛んだのかわからなかったこともあり、また起こらないように、血栓ができたり飛んだりしないように血液はサラサラにしなきゃいけないので、血液サラサラのお薬を入れつつ、脳出血にしないように最新の注意が必要!



ってなことで、SCU(脳卒中集中治療室)での隔離となったのでした。


いやー、書き起こしてると、えらいこっちゃな。
author:ぷぅコッコ, category:日々の記録, 18:15
comments(0), -, - -
Comment