RSS | ATOM | SEARCH
【台湾】クーラー事情
台湾というところはまーとにかく暑いところで、虫もめっちゃでっかいやつがウヨウヨいます。


雨季のころ、5、6月ころ、日本が梅雨に入るちょっと前くらいですかね?のころはです。


そのころカタツムリも出ますけど、とにかくそれもでかいです。


日本で見知ったサイズの3、4倍は軽くあると思うのね〜
びっくりだわよ。


もしそいつらがエスカルゴとして食べられるんなら、ものすごく高く売れるんではないだろうか?

ん、いやいや、むしろ育ちすぎで繊細さがなくなるのかしら。


まー、そんなわけで、暑いんですよ。


そう思って生きてますけど、会社はかなり激さむなんです。


なぜって?
クーラーをバリバリ効かせているからですよ。


ほんと、出張で来る方は気をつけたほうがいいですよ。


誰1人スーツなんざ来てないのに、スーツに合わせてますと言わんレベルの寒さです。


ということで、長袖が手放せませんし、完全に肩掛け膝掛けで暮らしてます。


おばーちゃんかと。。。


日本みたいに28度設定なんてこともなく、キンキンです。


これね、まー、寒くしすぎる設定がどうかってのはありますけど、一応政府推奨26度らしいです。
会社もそれに合わせてあるみたいだけど、どーなんだろ?


まー、、、それはそれなんですけど、とにかく暑いだけじゃなくて、湿気もすごいので、クーラーというか除湿はご家庭でも必須です。


雨なんか降った日には、洗濯物も乾かないし、乾燥機必須で、電気の恩恵受けてる感はハンパないです。


そうかとおもうと、一日出かける日なんかは、会社に行くのとは違って、夏日対応な服装をしなくてはならんのです。


とにかく暑いですから、風抜けて薄い服を。。。と。


私は履きませんが、若者がショートパンツならぬホットパンツで歩いているのも納得ですわ。


咎めることなどできないのです。


そんな屋内と屋外との寒暖差のひどい台湾。。。
服のセレクトも結構困っております。


とはいえ、自分にとって心地よいものは何かというのがそろそろ見えてきた三年目。


目下の悩みは、足のむくみで、これを攻略しなきゃねって思っております。


おそらく、知らず知らずに足を冷やしちゃってるんだろうなと、反省の日々です。


author:ぷぅコッコ, category:台湾, 21:17
comments(0), -, - -
Comment