RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】やめようと思うこと
やることリスト
ってのと
やらないことリスト
ってのなある。


やることリストにだけ集中しちゃうと、やることだらけになって辛くなってくるよなぁって常々思っております。


これって、深呼吸と一緒で、
まずはいて!その後吸うってやると、自然に空気って深く深く入ってくるのよね。


なので、やらないことリストってのがすごく重要なの。


でも、やめたほうがいいけど、そもそも楽しみだ!っていうことをやめることリストに入れると人生が貧しくなる気がするんだよね。


人に迷惑をかけちゃダメだけど
例えば自分で楽しむもの。。。


甘いものを食べるのをやめたら、寿命が10年伸びる
って事実があったとして(まっ、あくまでも仮定なので、医学的根拠等は特にありません。)
寿命と甘いものを食べる喜び。

私は天秤にかけてもいいと思ってる。


ほんの少し楽しんで寿命が短くなる、くらいの話は、人生を全うする上で、自分でコントロールして良いかなと思っていたりする。


一方で、寿命という意味で言えば、寿命が短くなる云々とはいえ、それだけでなく、現在の健康も著しく損なわれる場合、いつまで生きるかにかかわらず、今、苦しいわけだから、摂取する喜びだけに溺れて、いつも調子悪いはなんか違う気がしています。


私は去年、グルテンフリーを試したら、不調の原因が小麦粉にあることがはっきりしたので、小麦のものをやめることにしたというか、食べたら不調になるので食べられなくなりました。


それでもなくならない不調があって、それは、乳製品によるものだとわかってきたので、そちらも極力避けてます。


面白いことに、避ければ避けるほど、摂取した時のリバウンド感はハンパなく、ほんのちょっとだからと飲んだミルクティーやら、バニラアイスにやられたことも幾度となく。。。


まっ、しょうがない。


食べたい欲求だけでは如何ともしがたいものがあるということです。



で、やめることリストにこれらが載ってたかというと、まぁ、載るよね。


仕事のパフォーマンスを考えた時、これらは必須なのでしょうがないです。


さて、そんなやめることリストですが、往々にして、楽しいことを「やめる」の中に入れると、ストレス感がハンパないです。


オススメできないのね〜。


固い意志があるというタイプの人はいいかもしれないけど、そもそもそういう人は、「やめることリスト」なんてなくても、大丈夫なものだし。


そういうのがうまくできない自分はどうするかということを考えるわけなんですね。


例えば、「ゲームをやめる」


これ、書いたところで、やめるということにストレスがかかりすぎて、しょうがないので、それは入れない。


でも、通信環境の悪い新幹線の車内で、ストレスを感じながら、ゲームするのは効率も悪いし、意味がないので、新幹線の中では通信系のゲームはやらない!
と、細かく条件をつけてみたりしております。


すると、その時間は読書できるので、読書の時間が増えたり。



こんな感じで、やらないことを増やしていくことにより、時間を有効に使うってこともできるんじゃないかなぁと思い始めているのでした。


人生を面白がるためにやらなきゃいけないことはまだまだあるので、やめる→時間の確保という流れは重要だなぁと改めて思ってます。


author:ぷぅコッコ, category:徒然, 00:37
comments(0), -, - -
Comment