RSS | ATOM | SEARCH
【読書】思考のボトルネックを解除しよう!そして、成果を最大化せよ!


思考のボトルネックを解除しよう!



こちらのご本、お友達からの推薦だったので、早速お取り寄せ。


ボトルネックって知ってます?
何年前かな?
多分10年くらいになると思いますけど、 ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何かで有名になったお話で、生産性というのは、1番作業が遅い、というか生産個数が少ない生産工程によって決められるということ。


AさんとBさんとCさんがそれぞれaという作業のあとbという作業をして、最後にcの作業のあと製品が完成するとして、1人で全部組み立てるよりもAさんはaの作業、Bさんはbの作業、Cさんはcの作業をして製品を完成させると、それぞれ作業の専門家にそれぞれがなるために、1人で組み立てるより、効率が上がります。

これ、分業化

そこで、Aさんは1時間に15個、Bさんは18個、Cさんは9個作業ができるとすると、その工場が1時間に出せる製品の個数は9個!

Bさんがどんなに頑張って、例えば1時間に20個作ったとしても、工場が出せる数はCさんの作る数9個によって決まってしまう。

ここがボトルネック。

Cさんが1時間に11個作れるようになると工場の生産は1時間に11個

だから、Cさんの部分を見つけて改善しましょう!


という話を人の思考にも応用したお話。



ふむふむ、面白い!
と思って大半を読んだんだけど、いかんせん私は専門外、というかコンサルタントになる予定とかないので、フレームワークも財務に関しても知識はそこそこで、実戦に至っては皆無。


まー、言ってることはわかるし、フレームワークも知ってるけど、有効に使える場所あんまりないのね〜。

いや、それなりには使ってるけど、本当に必要ならば、専門家にお願いするけどなぁとかね。
なーんて、ダラダラ思いつつ、中だるみしつつ読んだのです。
(なんかすみません。)


お仕事で近いことを生業にしている方はとても参考になると思います。


さて、このご本、その辺りの話しで当初の計画だと終わりになっちゃうはずだったんですって、ところが後からやはり付け加えるべきと書かれた7章、8章が秀逸なのです。


知識、技術、実戦の中のボトルネックを見つけて、どんどん自分を進化させていく話だったんだけど、そこをさらに抜け出し、最大のボトルネックに挑戦していきます。



それは何か?



それは、自分の選択!



自分の思い込み!



これらが最大のボトルネックになりうるということを書いてくださっているのです。



この歳になって思いますけど、人生の全ては、良くも悪くも自分の選択によります。

多少の運もあるし、それこそ、生まれ落ちた環境とか選べないじゃないか?

確かにそうです。

そうですけど、それを受け入れた上で、自分はどう選択するのか?
というのが人生ってことです。



私は一流の経営者になれるとは思わないし、
これからMBAをとって、コンサルタントとして活躍するんだ!
とも思ってません。

こういう選択をしなかったからそうなれなかった
という話じゃなくて、

これまでの選択は選択として、
これからのことを考えるときに、
「どうせここまでしかできない?」
とか、
「やりたいことはあるけど、できない。。。」

みたいな後ろ向きの選択をしていないか?ということを棚下ろすべきかなと思うんです。


まさに、これが人生のボトルネックです。

今の場所が嫌だから何かをする
という動機ではなく、
最終的に人生をどうデザインしたいのか?
その人生を達成するためには何が必要なのか?
そのデザインした人生は、思い込みによる頭打ちにしてしまっていないか?

ということを今一度自分に問う。

それが自分の人生のボトルネックを解除することで、知識より、技術よりも、よほど大切だなぁと、うなずきながら、本を閉じたのです。



著名人にならなければ、人生は成功ではない
とか
本を出したら、人生は最高
(本を出さなければ意味がない)

みたいな議論は、ちと間違っていると思っていて、そうなれないのは、自分がボトルネックを解除できていないからだ。
というのは、あまりにも稚拙な考え方だと私は思っています。


そうではなくて、
例えば自分の街をよくする
という人生のミッションを持っている街のケーキ屋さんが、街を盛り上げるためにやりたいことがあるとして、
「でも、僕はただのケーキ屋だし」
って思考がまさにボトルネックだというわけ。

街を盛り上げるためにできることは著名人にならなくても、本を書かなくてもできるし、もし、どちらも自分の思う「街を盛り上げる」に必要ならば、できると信じてやってみそ?


というのがこのご本で言われるというか、著者さんが本当にいいたかったことではないかなと思ったんですよね。



手法とか、持ってたら便利なやり方とか実はいっぱいあって、そういうのを持ってるかどうかが、上に行けるか行けないかの境目だと思ってる人は結構いるし、そういうのを鍛えましょうって本もいっぱいあるんだよね。


でも、本当は、それはちいさなことで、いや、まぁ、持ってる方がいいけど、そうでなくてもいいよ、くらいのことかなと、最近は思っています。


だってさ、本当に今やってることに必要ならば、勉強する機会なんていくらでも与えられるし、やらなきゃならない事態なんていくらでもあるから、持ってなくても、必要ならやるんだよ。


多分ね。


でも、そういうことじゃなくて、もっと大きな枠として、本当は、どんな人であれ、人生で達成したいことはどんなことで、それに向かって自分はどんなことができるのかを静かに考えるのが一番重要なことなのかもなぁと、しみじみ思うのでした。



結局、ご本の大半で言われている思考法についてはほとんど触れてないんだけど、このブログに出てくる言葉、ボトルネックとかフレームワークってよくわからないなぁ、どういうこと?って思った方は読んでみることを強くオススメしますね。


私、特にコンサルタントではないので、使いこなして仕事してるわけではないですが、本に出てくることは、一応知識としては知ってますです。(物によっては、使いこなしてはいないですけど)
それらを踏まえて、言葉を知らないというのは、いかんわけです。


コンサルティングとかは、実際には必要な時は、専門家にお願いするのがセオリーですが、その専門家がホンモノか?それとも大したことないのか?判断するためにはこちらにも知識がないとね。


そんなためにも、最低限は必要なのよ。




author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 16:20
comments(0), -, - -
Comment