RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】凡人であり、凡人でなし。英語なんて好きでもなし、嫌いでもなし。
英会話学校というのは、練習の場ですから、あくまでも基礎練習が大切です。

英語はツールですから、使えることに対して、好きも嫌いもないんです。


英作文は、お隣さんの真似っ子でいいじゃない?


一回聞いてわからない単語は、必ず辞書引くでしょ?
次に出てきた時もコミュニケーションするために。


日々の積み重ねが大切です。


毎日続けることが必要なんです。


単語は覚えて当たり前でしょ?


あーーーーーーー


日本にいる間、英語に悩んでいた。
真面目に勉強すれば、TOEIC、会社が必要とする点数、取れるはずでしょ?
必要とされる点数は730点

真面目に勉強すれば、きっと可能だろうとアメリカ帰りの上司が言ってた。

そう、対策すれば、、、 でも、そもそも対策ってなんだろう。
点数取らなきゃ、ダメなのか?
正直、その意味がわからない。
出世するために必要だった。
まー、そういう事情はもちろんあったけど、そんなの、私には重要じゃなかった。

勉強のための勉強みたいですごくイヤだった。
そんな風に勉強しても点数なんて上がらない。
当たり前だと思う。


TOEICをゲームか何かのように捉えて、おもしろがってできる人はいいと思う。でもさ、面白くなかった。


私には日本にいながら英語力を伸ばすことはできなかった。

その理由、今ならわかる。

生きる上で一ミリも必要なかった。


そもそも、日本人の前で英語を喋りたくなかった。。。



あーーーーー、、、、、
そんな過去がある。


「英語が苦手でも、TOEICで点が取れる」
ってなキャッチーな言葉を見るたびに憧れた。

ものすごく憧れた。

でも、今は思ってる。


苦手と、好きじゃないとか、関係ない。

これは、コミュニケーションするためのツールなんだよ。


台湾にいて、仕事をする。
ほんとは中国語のほうがいいんだろうけど、それはまだまだまだまだだから、会社では英語なの。


苦手だとか言ってられない。
いやっ、ネタとして言ってるけど、「ひどい風邪を引いたから、会社を休みます」って連絡ひとつするのに英語を使わなくちゃいけないの。


気取ってる暇も、恥ずかしがってる暇も、もはやない。


そして、そうやって、追い込まれないと、自分はやらないだろうなと思ってたけど、その通りだったなぁ。


珍しく自分のことがわかってるなって褒めてあげたい。自分を!


今だって、褒められた英語は喋ってないと思う。


でもそれでいいじゃん。


ここでは使わなくてはならないわけだから。


ここ数年ずっと思ってたことがある。
私はカリスマにはなれない。
普通の人
凡人なんだ。
でも、台湾にさくっと渡って仕事しちゃうとか、あんまり普通じゃなく聞こえる。

それでも私は凡人で、だけど凡人じゃない。


今は英語、好きでも嫌いでもない。
それこそ、中学校くらいの頃に、教科書で、「世界の人とコミュニケーションできるので、私は英語が好きです。」
みたいな結論には至らない。


でも、日本で某学園のことだけ報道される中、フランスの特派員が拾って、英語で流れてくる日本の閣議で決定されたことを読んで驚いたりする。


そこに気負いはない。


別に英語が好きなわけじゃないけど、気になる見出しだから読む。

ただそれだけ。


英語が好きですか?嫌いですか?って問いたて。。。
本当に好きじゃない。


だって、ツールだもん。

日本語のが100万倍好きだよ。

だって操れるもの。


好きじゃないけど、私の言いたいことを的確に伝えるために、必要だから、わかんない単語ノートに書いて、眺めるの。

次に出てきた時に、その彼の意図を汲むために!


次は私がその単語を話の中で自由に操れるように。


そういう環境を作らずに、英語を勉強するってのは、どういうことなんだろう。


私にはできないけど、他の人はできるのかも。


その意味だと、普通の人にもなれないのか。

変な感覚だなぁ。


そんなわけで、私はあしたも、英語で仕事をするらしい。






ちょっと、徒然にてしばらく思いの丈を書いてみようかなって思ってます。

やっぱり日本語書くのは楽しいからねぇ〜。

しみじみ、そう思う。
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:36
comments(0), -, - -
Comment