RSS | ATOM | SEARCH
【読書】脳を創る読書
脳を創る読書 (じっぴコンパクト文庫)



FBの本好きさんが集まるグループにて、紹介されていたご本です。
いやー、紹介文がめちゃめちゃそそる感じで、即買いです。


ご本は言語脳科学者の酒井邦嘉さんによって書かれておりまして、なんていうか、これまでには見たことのない視点で最初の部分が展開されているんですね。


日本語と、例えば英語とか中国語の違いにはフォーカスしてしまうことが多いけど、このご本では、類似点について述べられてるんです。


そこが言語学というか、人が言語を操るということに対して共通のところだと思うんですけど、この話が実に興味深い!これはぜひ、本書で味わっていただきたいと思っています。


さて、昨今、電子書籍というものがかなり普及してきまして、ものすごく便利ですよね。私のカバンにもKindleが突っ込んでありまして、いつでも読めるようになってます。


なってますけど、紙の本を読んじゃうんだよね。


それって紙の本で得られるべき情報が実は抜け落ちている場合もあることがポイントなのかもと、このご本を読みながら、ちょっと思っちゃいました。


紙の本を開くように自然に!
ってのを目指さなくてもいいような気がしちゃいますけど、実のところ人はその紙の本の、紙の質感、フォント、使われてる漢字の違い、本自体の重み、厚さなど、一見どうでもいいような情報も、一緒に感じ取って読書してるもんなんですよ。


そう、電子書籍に感じる違和感ってそんなところなのかも。


このご本では、電子書籍が普及しても紙の本は死なないと言っているわけですが、それは、感情的なことではなく、先にあげた情報などからの脳への刺激を考えた時に、そう感じるということなんですね。


例えばですけど、
Kindleで読書をする時に、本ごとに重さが違っていたら?
ってなことを妄想してみます。
これは、本を開いた時に、何かスイッチがあって、押した瞬間にその本の重さがかかるみたいな一見全くもって無駄な仕組みがあったとして、どんどん読んでいくと軽くなるみたいなシステムとかかな?
実感として、自分がどれだけ読んだかがわかるみたいなシステムですかね。


作ろうと思えば作れるわけです。


でも、それって無駄でしょ?

だけど、その無駄なことが、実は、「脳を創る」というか、脳を刺激する一助かもしれないってことなのね。



そう考えると、今の電子書籍の延長に、紙を駆逐する能力が芽生えるとは思えない。だから、人は紙の本を捨てない!っていう理論も成り立つし、逆に、電子書籍というものの視点が変わって、作りが変わると、もしかしたら紙の本を凌駕するほどの創造性を発揮してくれるかもしれないよね。


VR的な感じなのかなぁ〜?


ま、そんな思いに身をまかせることができるご本だったです。


さて、著者さんは紙の本と電子書籍の違いだけでなく、読書するということ自体にも言及されています。


読書を通して想像力を培うことができれば、言語能力も同時に鍛えられる。すると、言語能力に裏打ちされた思考力が確かなものになる。これが本書の「脳を創る」という意味である。



一見、普通のことを言っているように見えるんですけど、本書を読み進んだ上で、この言葉にであうと、妙に納得してしまうんですよ。


ぜひ、その辺り実際にご本を読んで体験していただければと思っています。


さて、電子書籍の進む道というか、電子書籍と教育ということを考えた時、著者さんは、この想像力を養うという意味での読書にかんして、今の電子書籍の教科書化などに疑問を呈しています。


あきらかに、紙の本で得られていた、目に見えない「想像させる余地」を削ぎ落とした、退化する方向だと、はっきり述べているわけです。


このまま、進むんだと、確かに著者さんのいう通りかと思いますね。

ただ、いろいろなものの形態は、時代時代で変わりゆくもので、子供達の世代ではまた新しい技術によって、その想像力を培える方法に読書などが進んでいくんじゃないかと、ちょっと期待もしています。


いずれにしても著者さんの考え方には、「一読の価値がある」と感じたのでした。


新たな問題というか、命題を提示されたような感じで、実に楽しい読書でした。


ぜひ、息子(小学6年生)に読ませようって思うのです。


特に読書家の皆様、興味深いと思いますので、ぜひ、まずはチラ見してみてくださいませ。











ぷぅコッコと読書の感想共有しませんか?
ぷぅコッコさんお勧め本を読んだ感想を一緒に共有しましょう。


https://m.facebook.com/pukokkobooks/

ページにいいねしてね!










author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 06:29
comments(0), -, - -
Comment