RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】いい人より素敵な人に
長〜いこと、私の目指すものは「人からいい人だ!」と思われることだった気がしています。


うん、いい人!

いいよね!


でも、そのために、間違ったこともいっぱいして来た気がしますね〜。


一番ダメなのは「自分を犠牲にしてたこと」


自分を犠牲にするってなことを言うと、誤解されそうだけど、押し殺して押し殺して生きてたってことかな。


自分を犠牲にせずに、自分の思った通りに人に尽くすってことができるのは「素敵な人」よね。


いい人になりたくて、我慢するのはなんか素敵な人じゃないし、どうせそんなメッキは剥がれちゃうよ。


だからいい人かもしれないけど、「どうでもいい人」かもね。


いい人でいたいって思ってもさ、相手がどう思うかはわからないんだよ。


私が話した言葉に心が掴まれる人もいれば、全く反応しない人もいる。


私が良かれとしたことに心掴まれる人もいれば、全く別の方向を向いて、私の至らないところばかりを探ろうとする人もいるんだね。


その人には、ずっといい人と思ってもらえないよ。


だって、その人にとって私は「どうでもいい人」だから。


なんか不思議だけど、そんなもんで、そんな人から果たしていい人って思われたいかなぁ?


昔は誰からも「いい人」って思われたかったけど、そんなのないし、私が至らないところに目がいって、いろんなこと言ってくる人は私のこときっと好きじゃないよね。


そう言う人は一定数いるわけで、もうほんとに、その人たちは私にとっても「どうでもいい人」じゃない。


そう言うの自分の中で認めてあげないとね。



そんなこんなで、自分の感情に素直になって、もっと、自然に相手にしてあげたいことをして、したくない相手は相手にしないでってのを続けた先が「素敵な人」なんじゃないかなぁ〜



少し、ほんの少し、ワガママに生きていいと思うねぇ〜
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 23:30
comments(0), -, - -
Comment