RSS | ATOM | SEARCH
【読書】NVC 人と人との関係に命を吹き込む法


NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法





この本は、いろんな事柄、特に人間関係について疲弊していた私に、非常に大切な友人が勧めてくれたご本です。

なかなか、読むのにパワーのいる本で、最初に勧められた時は、「もう少し、回復してから」と言ったんですけど、まぁ、日々を暮らすと、「完全に元気だ!」何てことはなかなかありえないもので、ましてや外国で働いていたりすると思わぬ「対人関係におけるコミュニケーションミス」などは往々にして起こるわけです。

言葉も文化も違うからね。

どうやって伝えたら伝わるんだろうか?ということを考えて言葉を選ぶ。選ぶんだけど、私の言葉は伝わっていない気がしてしまう。


「そんなもんだろうか?」
と何気なく、友人にそう言ったら
「どうであれ、しんどいかもしれないけど、この本を読んでみた方がいい」とのことだったので、意を決して読んでみました。


本の帯を見ると、「世界中で読まれている話し方の教科書」と書いてあるんです。

「あぁ話し方の教科書なんだ」
と思いながら、ページをめくると、確かに「本当の意味で伝えるということはどういうことなのか?」ということを軸にして、事実を観察し、主観を交えずに述べる方法が確かに書いてあります。


NVCとはNON-VIOLENCE-COMMUNICATIONの略で非暴力による対話とでも言えばいいですかね?


どんな人とでもそんな関係を築くためには、どうすればいいのか?
ということが主題です。



読み始めると、確かに、話を進めるにあたっての「テクニック」のようなものが出てきます。


なるほどね〜。
と思うわけです。


でも、これが私の求めてた答えだろうか?と、ふと思うのです。


確かに、同じようになぞっていけば、うまくすると、聞き上手になって、話の場をコントロールし、さらに今まで怒っていた人さえも冷静さを取り戻すかもしれない。


しれないけれども、やはり少し違和感があったんですね。


いわゆる、カウンセラーでもなければコーチでもない私が、心を砕いて、会話をするということに、果たして本当に意味があるだろうか?


とかね。


まぁ、そんな前半部分よりも、もっと、もっと重要なことは、ご本の後半に出てきます。


NVCの概念に基づいた「自分自身」との対話です。



何かに「イライラ」する時、「誰々のせいでイライラしている」と思うことは、よくよくあるわけですが、その時、あなたをイライラさせたその人は、私を「イライラさせたくて」そう言ったんだろうか?


もちろん、場合によっては、そういう、何かのイライラを解消するためのものであることも少なくない?かもしれないです。


でも、もしかしたら、そういうことでもないかもしれない。


相手の意図は、いったい、どこにあるのか?


そして、ふと、相手に言われたことが「スイッチ」となって「イライラした自分」は、本当のところ、「自分の中の何が満たされなくて、相手の言葉にイライラを募らせたのか?」


そんなことを深く、深く、探っていくことになります。


一回読んだだけで、できるようになるとは思わないし、上っ面だけできるようになることも、意味はないと感じています。


それでも、「もうこの人とは話しても無駄だ」と思えるような人でさえも、暴力の力を借りずに、話すことができる。

ということが、この本で出会った発見で、さらに、もっとも、びっくりしたことは、「相手とは考え方が違うという事実」があったとしても、「相手に共感して話を聞くことは可能だ」と説いているところです。


そう、私たちが日頃考えている共感よりも、さらに深い共感を求められるということ。


そうやって読み進むと、ふっと思うのです。


そんなに献身的に話を聞けるもんだろうか?ってね。


実は、そのことに対しても、答えが提示されています。
そこには、自分が苦しくなってまで「そこ」にとどまって、話を聞く必要はないというんです。(もしかしたら、私の理解が浅いかもしれないけど、そう書いてあると私は読みときました。)


その場合は、「まず、自分を整えてから」話を聞けるようになってから、相手に対峙し、改めて、共感を持って話をするということだそうです。


そんな意味でも、まずは「自分」と対峙するということになるのかな?


いつ、いかなる時のイライラも「人のせいにするのではなく、自分の中の何に触れて、イライラしているのか?」を自分の中に、さらには、「自分の言葉で」言い表してみる!そんなことの繰り返しです。



さてさて、先日、仕事のミーティングで、ちょいとしたコミュニケーションミスがあり、なんとなく「イライラ」することがありました。


「ちぇっ、なんだよぉ〜」


って、思うわけです。
でも、それを、「イラっとすることを言った人」のせいではなくて、その人が言ったことがきっかけで、イライラした原因は「私の中の「何が」満たされなかったのか?」ということに注意を向けて、考えてみたんですね。


結局のところ、そうやって考えていくと、「本当は確認した方がいいんだけど、後回しでいいかなぁ?めんどくさいし」とか、「案外ほっといても回るんじゃねーかなー」という、「甘い目論見がその通りにならなかった」ということが原因でイライラしてるわけです。


まだ、自分にできることがあったわけだね。


そんなことを考えてたら、イライラしてたのは、いつの間にか忘れてました。


んでもって、ミーティング終わったら、伝えなきゃねって行動に、素直に出られたというわけね。



いいじゃない。



私の感想を読んでいると、なんとなくこのご本、役に立ちそうでしょ?
でもね、このご本、一読しただけでどうにかできるというシロモノではなく、何度も読んで、いつも気付きがあるというタイプの本なんじゃないかなぁ?と思っています。

本当にそうなら、お得なご本じゃない?って話もあるけど、それだけ読むのにパワーがいるってことね。


友人がなぜこの本を私に勧めてくれたのか?その本当のところは聞いてみないとわからないけれど、「なぜ」を人の中に求めるのではなく、「なぜ」と思ったことで、自分の何が満たされないのかを考えてみたら?ってことだったのかもね。


まぁ、難しいですね。



このご本を教えてくれた友人に、ただただ感謝です。

ありがとう!








さて、ぷぅコッコは読書感想の共有のためのFBページを持っています。

リンクはこちらから
FBされてる方は是非、いいね!してね。

是非是非みなさんも読書感想共有しませんか?
また、ぷぅコッコの感想でここがよくわからなかったなんてご意見も気軽にお寄せくださいませ。
author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 21:35
comments(0), -, - -
Comment