RSS | ATOM | SEARCH
【万年筆】パイロット カクノ で顔料インクを使ってみる4 洗浄してみた
パイロット カクノで顔料インクを使う
も、まさかのシリーズ化。。。

バックナンバーはこちらから。

その1

その2 2週間放置してみたよ編

その3 2週間の放置でまさかの書けなくなったよ編


昨日の焦った事象(スキップするし、書けなくなった、その後インクをコンバーターより強制排出)
がありまして、よくよく見たら、もうインクも空ですね〜ということで、洗浄してみました。



単純に水洗いのみ。


コンバーターつけたままインクの色が無くなるまで、水のの出し入れを繰り返す。


その後、コンバーターを外し、首軸部をそのまま水につけて、半日。

一般的な染料インクの際にぷぅコッコがやってるのと同じです。

ペン芯、ペン先は、通常カクノの場合外しません。

初心者さんがペン芯、ペン先を抜くのも推奨しません。
(自己責任でね〜( ´ ▽ ` )ノ)
水から取り出した後に、首軸からペン芯とペン先を引っこ抜いて、撮った写真がこちら





うん、綺麗になってるね。
(個人的には、やや奇跡だと思ってる)


ペン芯を電気に透かして見てみましたが、詰まってはなさそう。



ザラザラ感やスキップの原因は、コンバーター内のインクが煮詰まった事かな?


とりあえず、カクノさんでの実験は終了!



んで持って結論


顔料インクを使用する場合
毎日一度は使う(ペン芯内にインクを通す)

はもちろん基本ですが、もしもできなかったとして

カクノをはじめとした嵌合式キャップの万年筆での顔料インク使用の場合

使わず放置は3日まで

5日以上の放置は厳禁
本気で、固まって、書き味悪くなるぞ!
という感じかなと。

私はそういう使い方はできないので、もう嵌合式の万年筆(プラチナ プレピー、プレジール除く)には顔料インク入れません!


このくらい、顔料インクというのは危ないヤツなので、初心者さんは使わないでね。

どうしても興味がある場合は、上に書いてある事を守って使ってね〜( ´ ▽ ` )ノ


author:ぷぅコッコ, category:万年筆(製品情報), 21:46
comments(0), -, - -
Comment