RSS | ATOM | SEARCH
【万年筆】パイロット カクノ で顔料インクを使ってみる2 2週間放置編
久しぶりに会社に戻ってきました。
いやはや、メールをチョット確認しただけで、半端なく仕事があることがわかりうなだれてるのが今。

ありがたすぎるっしょ。

ま、そんな台湾お仕事事情はさておき、本日はやや実験中のおなじみカクノさん!



前回、その1では顔料インク試してみまっせ〜っての書きましたよね。
ブログ記事はこちら
パイロット カクノで顔料インクを使ってみる1

今回は、そこからおよそ2週間、会社の机に置きっぱなしにしました。

置きっぱなしの環境としては会社の机の引き出しなので

寝かせておいてある状態

温度的には空調効いてますから

おおよそ25度程度(台湾の会社寒いんだよぉ〜)

そんな環境と思ってもらえばいいです。






見た感じ、インクの減りはやっぱり早いよね。
嵌合式の特徴でもありますけど
やっぱりカクノも、「書いてなくても」インクが蒸発しちゃいます。


一応半分くらいは残ってるから、いいんだけど。。。やっぱり!はやい。


さて、書いてみました!





とりあえずかすれとか、なく、太さが変わることもなく、Fな感じで書けてます。


2週間くらいの放置だと
「見た目にはあんまり変わんない」ってこととだね。
ただ、主観なので、なんとも言えないんだけど、
書いてる時に若干ざらつく感じがある、、、ような気がするんですよね。

書き味がチョットだけだけど、違う感じするんだよね〜


これが何に起因するのかはわからないけど、チョット気になったポイントかな?

とりあえず、インクがなくなる頃には、洗浄しよう!って思わせるくらいにはなんとなーく気にくわない感じがするのでした。



author:ぷぅコッコ, category:万年筆(製品情報), 07:58
comments(0), -, - -
Comment