RSS | ATOM | SEARCH
【顔料インク】パイロット カクノで顔料インクを使ってみる1
顔料インクは怖いんだよ〜という話を前に書きました。

リンクはこちらから
顔料インクと古典インクの話4

私は顔料インクを固めたことがあって、万年筆一本ダメにしかけましたので、人一倍顔料インクを使うことにかけては「ドキドキ感」が否めないわけです。

固めちゃった話はこちらから
青墨がすごい


ではでは、廉価版万年筆の代表格
超人気のカクノさんではどうなのか?

顔料インク×カクノ

で使われてて、問題ないよ〜
って方ももちろんいらっしゃるんですけど、ぷぅコッコさん的使い方で、どうなのか!?

実験してみることにしました!


ということで、


カクノ と セーラー ストーリア Night
用意しました〜
え?そこは青墨じゃないのかって?
スンマセン、手持ちカートリッジしかなくて、セーラーさんの万年筆ならいくらでも試せるんですけど、カクノはパイロットさんの万年筆だから。。。

まっ、とはいえ、ストーリアもれっきとした顔料インクですので、固まったら終わりです。

それは青墨も、プラチナさんのナノインクたちもたいした違いはありません。

所詮、顔料は顔料です。




今回、コンバーターは自身初のCON-40一番新しい型のものですね。
ショートのタイプはこちらに移行するらしいので、新定番かな?

ちょっとわかりにくいですけど、コンバーター内部に棚つり防止用のボールが3つぐらい入ってます。

これがないと、インクが尻軸側にへばりついて、降りてこないって現象が起こってしまいます。
そのことを「棚つり」というんですね。





ストーリアのNightって個人的には、パイロットのブルーによく似てると思うんですよ。

パイロットのブルー大好きな方で、顔料試してみたいわ!
って方にはオススメかも。





CON-40はじめて使いましたけど、なんだか、、、棚つり防止用のボールのが邪魔していっぱいまで入りませぬ。

CON-50も小さくて、すぐインクがなくなっちゃうコンバーターでしたけど、このCON-40もまぁ、あんまり入らないですね。

普段はあまりコンバーター使いしないのと、コンバーターで使うものは大型のCON-70での使用が多いので、ぷぅコッコとしてはだいぶ不満です。

やっぱり私はカートリッジが好きだわ〜

まっ、他社さんのインクを入れようとしてるわけですから、カートリッジが合わなーいと、泣くわけにもいきませんね。





さて、結構会社の机に置きっぱなしする癖があるので、今回のカクノさんも通常使いな感じで、置きっぱなしでいこうかと考えています。


いま、セーラーさんの打ち水にも同じインクが入っているので、使用頻度としても、一本を丁寧に使う方よりは少ないかな?


まっ、どーなりますかねー

author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 07:38
comments(0), -, - -
Comment