RSS | ATOM | SEARCH
【万年筆とインク】プラチナ プレピー × ストーリア ファイア はじめました
最近は、すっかり顔料インクの虜のぷぅコッコです。

そんなぷぅコッコさん、顔料インクと古典インクの話を書いているよ( ´ ▽ ` )ノ
是非是非読んでみてね!


顔料インクと古典インク1


さてさて、
顔料インクと古典インクの話5 それでも顔料インクを使いたいなら
でも書きましたけれど、プラチナさんは自社顔料インクの使用に関して、幾つかのペンを推奨してくれています。


その中で一番リーズナブルといえば!
プレピー

PPQ-200



ってなわけで、プレピーと手持ちのセーラー・ストーリアのファイア(赤)を合わせてみることにしました。

あっ、ちなみに、同じ顔料インクですけど、プラチナさんのものではないので、プレピーがもし固まっちゃったとしてもプラチナさんは保証してくれません。
(まっ、そこは固めちゃったら、また一つのネタになるということで。。。)




プレピーにコンバーターをつけて使用していますが、金のコンバーターがかなりアクセントになってくれています。

また、顔料インクはマッドなので、その色味もマッチしてて、とてもキュートな仕上がり。

大満足です。


プレピーに対してコンバーターのがお高いので、コンバーター一本でプレピー何本買えるのよ?


ってな感じですけど、これはプレピーの方が超良心的な価格に抑えられているのが原因です。


広く万年筆を普及させたいというプラチナさんの願いが込められた値段だということだそうです!


なるほどねー。
国産品で書き味バッチリなのに超低価格!かつ、コンバーターも使えて、顔料インクでもオッケーとなれば使わない手はないですよねぇ〜。


そんなわけで、しばらくプレピーでも顔料インクを試してみたいと思いまーす。


author:ぷぅコッコ, category:万年筆(お気に入り), 06:55
comments(0), -, - -
Comment