RSS | ATOM | SEARCH
【万年筆とインク】顔料インクと古典インクの話6 それでも古典インクが好きです
顔料インクと古典インクの話6
それでも古典インクが好きです。

結構長いこと書きましたが、これで最後かなぁ?


バックナンバーこちらから
顔料インクと古典インクの話1

顔料インクと古典インクの話2

顔料インクと古典インクの話3

顔料インクと古典インクの話4 顔料インクの耳に痛い話

顔料インクと古典インクの話5 それでも顔料インクを使いたいなら




古典インクもトラブルよ〜とか色々言われてるんですけど、私、個人的に大好きなので、よくよく使ってます。


今はこんな万年筆に
DIAMINEのレジストラーズインク(古典インク)入れてます。




上から
モンブラン 90周年記念 149
ペリカン M625 レッド
セーラー プロフェッショナルギア


ゆるーく決めていることは、金ペン先の万年筆に入れる。。。ってことぐらいですかね?


万年筆用のインクとしては、自身が古典インクを大好きなこともありまして、割とどんな万年筆でも入れて試してみる傾向はあります。

ありますけれども、あまり初心者さんには勧めないかな。

古典インクは前回3回目の時にお伝えしたように空気に触れて化学反応を起こし、退色して固着する(水に流れなくなる)という特徴があります。

やっぱり放置すれば固まるし、鉄ペン先だったり首軸に金属が使われていたりすると錆びる原因になったりします。

自身は経験ないですが、実際に錆びたという話は聞いたことがあります。

すべての万年筆でトラブルがあるというわけではないですけど、やはり万年筆は概ね高価なものなので、安易には勧めないです。

私の場合は、どうしても好きだから使ってるんだな。

青墨を固めちゃうくらいには適当な管理しかしていないものの、古典インクに関しては特に固まって書けなくしてしまったというようなものは経験ないです。


決めてることは以下の通り。
1.金ペン先の万年筆で使う。
(鉄ペン先の万年筆には使わない。)

2.透明軸には入れない
(透明部が染まってしまうので。)


古典インクに関しては、その他の染料インクに比べるとインクフローが渋めに出ることがあります。


これもトラブルかな?って思っちゃう一因かな。
でもこれも万年筆醍醐味でもあったりするわけで、それでも使いたいって思ったら、ペンクリニックに参加する!なんて手もありますから、いろいろ楽しんで使ってくださいねぇ〜(^ー^)ノ


昔からある筆記具であり、愛しいものなんです。だからこそ、初めて使う方に好きになってもらいたいので、トラブルとは無縁で使って欲しいなと思っています。


万年筆が好きになって、どんどん使うようになったら、顔料インクも古典インクもぜひ、試してみてくださいね!




author:ぷぅコッコ, category:インク(お気に入り), 22:00
comments(0), -, - -
Comment