RSS | ATOM | SEARCH
【ノートとインク】モレスキンと万年筆のインクと万年筆の話
ブログ読者の方ですとよくよくご存知かもしれませんが、私は万年筆をこよなく愛していて、ライフログノートをつけていて(落書きしてるだけかも。。。)、ライフログノートにはいわゆる高級(高額)ノートを使っています。


お気に入りのライフログノートはモレスキンです。


だが、しかし
万年筆が好き
モレスキンが好き
どっちも使いたい

という望みは実は相当な「高望み」であるということです。


それはなぜか?


モレスキンはほとんどの万年筆インクを受け付けず、裏抜け大王なノートだからです。


この相反する嗜好と課題について、長年考察を続けております。


単純にどうやったら両方を楽しく使えるか?ってことを日夜考えているわけです。


一番簡単なのは、片面しか使わないと言う方法です。


裏抜けしようが何しようがお構いなく、ガンガン片面しか使わないと言うことであればどんなインクでも、どんなにフローの良い万年筆を使ったとしてもあんまり問題ありません。


たまーに、次のページまでインクが滲んでたりしてびっくりします。
(ものすご〜くフローの良い太字万年筆などでたまーに起こる現象)


でもね、そんな贅沢な使い方だと、もったいないお化けがでそうでしょ?


贅沢なノートを使うのはいいんだけど、なんか、裏面さんが可哀想じゃない?みたいな。


すると、「抜けないインク探し」が重要になるわけです。


ここで、おさらいですけど、そもそもモレスキンはものすご〜くインクが裏抜けしやすいノートです。
もう、これは事実であって、このことにロット間差はないです。


だから、片面使用でない場合、フローの良い万年筆、特に太字でヌラヌラ書ける万年筆は使えないんです。


どんなインクでも、いつのロットでも、「裏抜けするもんはする!」というのが結論です。


だけど、私はモレスキンの両面を万年筆で書いて使いたいわけです。
(もはや、わけのわからないカミングアウトです。)


インクを中心に考えるならば、万年筆の側を超極細、かつ、フロー渋めというセッティングのものであれば、裏抜けしない可能性が出てきます。


それでも、粘度が低めのインクは裏抜けします。。。


細字から中字でフローが普通の一般的な万年筆を使う仮定だと、インク側を選ばなくてはいけません。


その場合、インクは、二択です。
(もし、これ以外もOKよんってご存知の方がいたらご一報を。)


没食子の古典インク もしくは
顔料インク


この二つ、結構トラブルをよくよく聞きますので、使わないと言う方もいらっしゃるかと思われます。


この二つだとしても、モレスキンはロット間差がありますから、完全ではなく、要するに「万年筆で楽しく使えるノートではない!」んですよ。


だから、万年筆で使うことを重視されるならば、モレスキンの使用はオススメしません。もっと良い、裏抜け知らずのノートは少なくとも日本にはたくさん売ってますし、モレスキンを買う値段を思えば、ほとんどのノートが射程内に入りますから、安心して万年筆専用ノートを使ってください。


それで、話を戻しますけど、あくまでもモレスキンで使うならということで古典インクと顔料インクです。


でも、顔料インクというのは一度固めてしまうとペン芯の溝が軒並み詰まり、水に溶けることはありませんから、使えなくなってしまいます。


そうなったら「メーカーでペン先を交換してもらえばいいやぁ〜」という猛者は金ペンでガシガシ使って頂ければいいかと思いますが、少なくとももう私はやりません。


固めたことがあるからね〜


ということで、個人的には顔料インクを使うときは、もしも固まっても私の心のダメージが少ない廉価版万年筆を使用することにしてます。


だが、この廉価版というやつ。
キャップが嵌合式のものが多いんですよね。
嵌合式のって、ドライアップしやすいので、要注意なんですねぇ〜。
そう考えると、廉価版でしかもネジ式キャップ。。。どんどん狭まってきてしまう。


一方、古典インクですが、私はかなり好きで、良く使ってます。
こちらも、放置して固めてしまうと、顔料インクほどでないにせよ、トラブルの元になります。
古典インクの場合はもしも固めてしまったら、水には解けませんけど、ビタミンCになら溶けるって特長があるので、救済可能。。。かな?


でもそんなに愛好家でもない場合は、手間がかかるので勧めないです。


私、あくまでも自分が好きだから使ってるってことで、選択肢は万年筆側にもノート側にもインクにもいくらでもあるので、トラブりたくないと言うことであれば、近づかないほうが無難です。


でもねー、古典のブルーブラック。。。もう廃盤になっちゃいましたけどモンブランのミッドナイトブルーの深いブルーブラックの味わいがなんとも好きで。。。


もうこの辺になると完全に好みの問題ですねー。。。


それで、古典インクに関しては私、金ペンで使ってます。
鉄ペン先の廉価版で使うとサビます。
金ペンならなんでもいいってわけじゃなくて、これも万年筆と古典インクの相性の問題があって(これは染料インクでも存在します)使える万年筆が限られるんですね〜。


長々と書いてきましたけど、何かというと、最近ライフログノートをナガサワさんのリテロシリーズからモレスキンに戻したんですよね。


これねー。モレスキン×キャスキッドソン(限定品)


そしたら、今までラインナップしてた万年筆が軒並み使えなくなって(染料インクを入れてるからねー)顔料インクと古典インクを使う万年筆のラインナップになったんだーということです。


ってなことで、最近のラインナップはこんな感じ

(パイロットμ90には染料インクが入ってますので、そろそろラインナップから外れます。)


変なことにこだわると、こんなことになりますってな話でした。


6月は爽やかな青の万年筆と一緒に過ごしまーす(^ー^)ノ




モレスキンを買うなら、アマゾンの洋書がオススメ

author:ぷぅコッコ, category:文房具, 06:25
comments(0), -, - -
Comment