RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】ご縁と記録の話
昨日、あるブログで『人に読んでもらうためには、人を惹きつける題名をつけなくちゃダメだ』という記事を読んで、『よし、タイトルは一番最後に練らなきゃダメってことだな!』って思って明日から実践と思ったにも関わらず、今日もタイトルからブログはじめちゃったぷぅコッコです。


昨日、FBのTLを何気なく確認していたら、私のブログをシェアしてくださった方がいらっしゃったんですね。


ブログはこちら


ん?


と、目を止めたその記事は『川上徹也×須藤由芙子セミナー』のものでした。


2012年の11月3日に参加したセミナーでしたけど、ちょうど3年前ですよ。


アップしてくださった方は私と一緒にワークしてくださった方で、たまたまふっと思い出されたそうなんですね。


その日初対面だったその方はとても物腰が柔らかく、素敵な方でした。


そんなに何度もお会いしたわけではないのですが、10分間のワークを通して初対面とは思えない感じになったんですね。


たった10分、されど10分
意外とそんなに真剣に人の話を、特にその人の人となりに関して、聞くってことはあんまりないですよね。


ワークの内容等はブログを参照していただきたいわけですが(ブログを読んでもイマイチ分からんかもしれんです。私も読んだけど、明らかに舞い上がった文章でしたわ(笑))そこで私は彼の3年後を創造して発表させていただいたんですね。


そして3年後の今、くしくも私の創造した未来は彼の元に訪れているみたい。


ただただすごいなぁーって思うのです。


そんな彼は私のブログを読み直してくださったみたいで、記録があることに感謝されました。(むしろ、私の方が感謝でございます。はい。)


その時のブログ数が450で今は1600を超えて1700に近づいているので、それだけ溜めてることに、やや驚愕したり。


でも、3年続けたことで、自分だけじゃなくて、私に関わってくださった、ご縁のあった方にとっても記録になることがあるんだなぁーってことに、ジーンとしちゃいました。


まさに『ご縁と記録』ってわけですね。


ブログ書いてて良かった!
って思うことは実は少ないんだけど、他の方からこんな素敵なご縁をいただけるのは、ブログ書いてたからだなって改めて思うのでした。


昔の記事を丁寧にシェアしてくださった友人に感謝です(^ー^)ノ




author:ぷぅコッコ, category:徒然, 06:01
comments(0), -, - -
Comment