RSS | ATOM | SEARCH
【徒然】そのいつかはいつなのか?
自己肯定感という用語がありますが、これ結構難しいです。

私は割と思考軸がネガティブに触れやすいです(ん?そうは見えない?それはね、おそらく。。。なんでかな?)するとまぁ、『またか!?』と思うのに加えて、『なんでだ!?』って思うようになりました。この『なんでだ!?』を突き詰めると自己肯定感の低さに由来していることがだんだんとわかってきました。

趣味は『世界平和です』というほどに平和主義者でもなく、世の中ってのは不公平だし不平等だと思います。でもそれを悪いともいいとも思わない。最近は、そういうものだと受け止めています。

同じように小さなことで、『私はこんなんもできない』って何に対しても思ってきました。でも、そのネガティブな思考やネガティブな軸は一旦認めないと乗り越えることはできないです。

そういうことに時間をかけてまず気がつくこと、そのままの自分で良いのだとまずは受け入れてしまうことがいっちばん最初に必要なことです。

これは昨日ご紹介した世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方でもいっていることです。そこをスタートにしないと何も始まらないのです。

そうやって、ネガティブを乗り越える、いやっ、受け入れると何が起こるかというと昔よりもはっきりと幸せが意識できるようになります。

毎日、生きていることに感謝できるほど人間は出来ていませんが、ちょっと本を読む時間、お出かけして友達と美味しいものを食べる時間、企画した飲み会にみんなが喜んでくれた時間、子供とじゃれる時間、父や母と出かける時間など、なんでもないようでいて、大切な幸せな時間を意識するようになります。

ずっと幸せはあり得ないかもしれないけれど、探せばどんな人だってほんのちょっとだって幸せな『時』は存在するのです。


さて、今日の題名にした『そのいつかはいつなのか?』ということですが、『いつかすごい自分になってやる』って思ってる人は結局すごい自分には出会えないです。そのいつかは永遠にやってこないから。じゃあ、いつかがやってくる人はどんな人なのか?それは、どんなにひどい状況であっても自分を受け入れて『今、この瞬間にほんの少しだけすごい、昨日よりちょっとだけすごい自分になっている』と自覚している人だけが、時を経て『ものすごい自分になってしまっている』んじゃないかなぁ〜。すごい自分は『いつかなるもの』ではなく『今、この瞬間、ほんのちょっとすごい自分なんだよ』そういうことかなぁ〜って最近は思っているってお話でした。


自己肯定感が低めだなぁ〜って自覚のある方はまず、自分をそのまま認めるところからはじめてみたらいいんじゃない?
author:ぷぅコッコ, category:徒然, 10:39
comments(0), -, - -
Comment