RSS | ATOM | SEARCH
【万年筆】万年筆の筆記角度とカスタム74のSF
先日お友達からパイロット カスタム74のSFを譲ってもらいました。

SFというのはソフトファインの略でして、柔らかいペン先のFってやつですね。


これねって言っても、SFはペン先の話なので、まぁ外見はいわゆる王道万年筆なわけですけど。


それでこのSFですが、書いて頂くとわかりますが、柔らかいです。現行品しか使ったことがないと、結構びっくりすると思います。


私、常々、柔らかいペン先が好きだ。ということを申し上げておりまして、そうすると自ずとヴィンテージなどが超好みってことになります。挙げればきりがないので、やめておきますけれども。。。

では、このSFに代表される現行のソフトが好きか?ときかれると、つい最近まではちっと苦手でした。というのもヴィンテージを総称することは出来ませんが、ヴィンテージのやわらかさとこの現行ソフトのやわらかさは明らかに柔らかいと感じる部分というかポイントが違うんですね。そんなわけで超苦手だったんです。

試しがきは何度もしたものの。。。

これまで購入には至りませんでした。

さて、最近になって友達からSFを有償で譲ってもらったのですが、驚くべきことにこのやわらかさがいやな感じじゃなくなってきたんですよ。

実はこれ、おそらく私の筆記角度と筆圧によるんだと思うんですね。さらに後ろを持つようになり、それでいて筆圧もかからずだからだと思いますが、これが思ったよりいい感じなんですよ。


やっぱ道具っていうのはさ、どんどん使ううちに突然、『うぉっ、なかなかいいじゃん』ってなるんだなぁ〜ジーン。。。



このカスタムシリーズですが、74か91のシリーズが試し書き用として並べてある文具店も少なくはないですから、ぜひ見つけたら書いてみてくださいませ。
author:ぷぅコッコ, category:万年筆(お気に入り), 07:00
comments(0), -, - -
Comment