RSS | ATOM | SEARCH
【読書】成功曲線を描こう



「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント
石原 明 著
大和書房


このご本は先日出たブロガーズイベントで登壇された技術屋かずさんが毎年読み返すと教えてくださったものです。

ブロガーズイベントの様子はこちらから

かずさんが書かれたブロガーズイベントの様子


毎年読み返すって強烈でしょ!

少なくとも私にはそんなご本はないなぁ〜ってことで、すっごく興味がありまして、買っちゃいました。

このご本の中では『成功曲線』という考え方とそのグラフ(イメージですけれども)が出てきます。成功と自分のかけた努力というか労力は比例する関係にあるかというとそんなことはナイです。

かけた時間に対して見合わないというポイントが必ず出てきます。その先に進むかどうか?それが大きなポイントになるんですけれども、この成功曲線というやつ!多分このご本を読んだだけではにわかに信じがたいという方がいらっしゃるんじゃないかと想像します。

でも、この成功曲線とその『ブレイクポイント』のようなものは確かに存在します。それを信じる根拠は私が実際にここ3年くらい勉強会やらセミナーやらに出て、知り合った人がその成功曲線に乗って『成功していく姿を間近でみた』ということです。

成功を何と定義するか?これは難しい問題でして、いちゃもんをつけようとしたらいくらでもつけられますが、例えば本を出すといったこととかはどうでしょう。ご本を出したい人にとっては一つの成功事例ですよね。実際、はじめは単なる飲み会のようなもので会った人が著者さんになったりするわけです。それも一人じゃない。

彼女ら、彼らの動きを見るにつけ、このご本に書かれていることを無意識に実施しているとしか思えないです。その陰にびっくりするほどの努力があることも同時に見て来たからこそ、確信するんですね。


だがしかし、成功曲線が存在することはもちろんわかるけど、自分はその曲線に乗れるかどうかは別の話でしょ?ってのも思うのです。というか、少なくともそんなふうに思ってきました。


そうなんですけれども、今回、このご本でいろいろと教わったんですね。


ではその成功曲線に乗っかるために自分は何をすればよいのか?


そこで、私、二つほどやろうって決めたことがあります。

一つが『自分が頑張りさえすれば必ず成功するのだ』と、思い込むこと。

正直なところ、ちょこっと『まぁ、無理じゃない?』って言葉にされなくても、その雰囲気を他人から感じるとるだけで、『私にはやっぱり無理かなぁ〜』って思うことも少なからずありました。今もあります。でも、それを考えるのはやめます


うーん、ブログって難しいなぁ〜、言葉じりだけだと、なんか『アホなこといってるなぁ〜』って感じにしか読めないなぁ〜。うーんと、まぁいいや、そういうことで、イメージ的には『無理かなぁ〜』ではなく『やってのける』って思い込もう!ってことです。

二つ目『行動すれば次の現実』を合言葉にする。

成功曲線を具体的な行動に落とし込むとしたら、何か小さな成功というか出来たことで、迷ったり止まったりしてる暇はないなぁ〜。ってこと。

よしゃ!やってみよぉ〜。


さて、あのー、私の決意表明みたいな感じで、全然ご本のことを書いて無いですね。

このご本に書かれていることで言うと、実は3年前は出来てなかったけど、今は出来てることというかその変化に気がついていることもいっぱいありました。例えば、良い習慣を身につける。そうですね、私の場合だと、読書の習慣とかになるかしら。ということで、『あっ、私、出来てることもいっぱいあるやん』って思ったんです。

それはこのご本ではなくて、多くのビジネス書からちょっとずつ学んで実践したことなわけでして、そういう経験を経てこのご本を読めたのがよかったなぁ〜って感じでした。


大変良いご本をご紹介頂きました!感謝。やっぱり人が薦めてくださるご本は読むべきだわ(^ ^)


気になる方は是非読んでみてくださいね。







author:ぷぅコッコ, category:ビジネス書感想, 18:00
comments(0), -, - -
Comment